iPhoneがグンと快適になる新顔がやってきた

スマホライフを快適にする選択肢

まずは、下の動画をご覧いただきたい。それぞれの製品が持つ機能は説明されていないが、どのような使われ方を考えてデザインされているかが理解できるだろう。インテリアやファッションを邪魔しないシンプルなデザインがされているのはもちろん、極めて高い実用性と機能性を備えていることがわかるはずだ。

 NuAnsシリーズには、持ち運びに便利なLightningケーブル、ケーブル端子をホールドしておく小さなマグネットといった小物もあるのだが、ここではiPhoneとの連動に特化したスピーカー内蔵のLEDライトスタンド「CONE」を中心に紹介する。

カラーバリエーションは2色用意している(上の画像をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします)

「CONE」はもちろん、見た目どおりのLEDライトだが、そのコーンの中心部――すなわち、リング状のLEDライト部の中央にはモノラルながら、心地良い音を出すスピーカーを備えている。

加えてスタンド基部をクルリと回すと、iPhone/iPad/iPod touchなどにつなげられるLightning端子が表れる。そこに対応デバイスを差し込むことで充電スタンドとしても利用できるとともに、前述のスピーカーともつながり、音楽を楽しめるのだ。

さらに、連動する専用アプリも無償で提供される。「CONE」にiPhoneなどを接続すると、専用アプリが起動してアラームクロックとして機能するようになる。

画像を拡大
「CONE」のスピーカー部はこうなっている

たとえば、ベッドサイドに「CONE」を置いておけば、就寝前に音楽を聴きながら読書し、眠くなったらそのまま眠り、アラームクロックで目を覚ます、という使い方ができる。もちろん、Lightning端子からは給電されているから、そのままデバイスを取り出して出掛ければ、充電は100%完了しているという具合だ。

次ページスピーカーの無いモデルも用意
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。