だから「SLUSH ASIA」には若者が集まった

奇跡的ともいえる開催プロセス

結局、スポンサーとなるパートナー企業は50社以上集まり、開催資金の確保は可能に。世界級のスピーカーのアレンジや、昼夜ぶっ通しでのドーム建設など、通常では考えられない支援が得られたそうです。一般に大企業は意思決定が遅く、リスクはとらないといわれますが、今回のイベントでは「想い」に共感し、行動する企業が多く出たことは素晴らしいと思いました。

学生ボランティアが大活躍

そして、SLUSH ASIAを支えたのは学生ボランティア。全国から300人以上が集まり、イベント当日の運営にあたりました。黒地にSLUSHの「S」のロゴのTシャツでスタッフとして会場で活き活きと動いていました。学生ボランティアのリーダーの田口佳之氏(立教大学4年生)は次のように語ります。

「ボランティアには、スタートアップに関心がある学生や、何か挑戦したいけど踏み出せていない人、語学力を活かして何かに挑戦してみたい人など、様々な方がいました。 そして、前日のパーティーや、終了後に話していた際に、彼らはとっても熱狂して、かつ自信にあふれていました。各チームで色んなミスや難しい意思決定の場面があったはずです。それでも彼らがTeam SLUSHの一員として、自分たちで考えて自分たちで最善の策を実行していたのです。SLUSHはイベントではなくて、コミュニティです。この場を通して、新たな何かがこれからも生まれていくことを確信しています」

従前の日本でのベンチャー関連のイベントやシンポジウムの多くは、スーツにネクタイ、サラリーマン風の人が「勉強」に来ている姿が目立つのが常でした。しかし、SLUSH ASIAは違いました。若者や学生が主役で活き活きとしていました。世界的な経営者や大企業の役員もカジュアルな格好で、オープンなイベントを楽しんでいました。そして何より、ムーブメントに参加しよう、「行動」しようという雰囲気が会場にあふれていました。若者の起業ムーブメントSLUSH ASIAが今後もパワーアップしながら続いていくことを期待しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT