だから「SLUSH ASIA」には若者が集まった

奇跡的ともいえる開催プロセス

結局、スポンサーとなるパートナー企業は50社以上集まり、開催資金の確保は可能に。世界級のスピーカーのアレンジや、昼夜ぶっ通しでのドーム建設など、通常では考えられない支援が得られたそうです。一般に大企業は意思決定が遅く、リスクはとらないといわれますが、今回のイベントでは「想い」に共感し、行動する企業が多く出たことは素晴らしいと思いました。

学生ボランティアが大活躍

そして、SLUSH ASIAを支えたのは学生ボランティア。全国から300人以上が集まり、イベント当日の運営にあたりました。黒地にSLUSHの「S」のロゴのTシャツでスタッフとして会場で活き活きと動いていました。学生ボランティアのリーダーの田口佳之氏(立教大学4年生)は次のように語ります。

「ボランティアには、スタートアップに関心がある学生や、何か挑戦したいけど踏み出せていない人、語学力を活かして何かに挑戦してみたい人など、様々な方がいました。 そして、前日のパーティーや、終了後に話していた際に、彼らはとっても熱狂して、かつ自信にあふれていました。各チームで色んなミスや難しい意思決定の場面があったはずです。それでも彼らがTeam SLUSHの一員として、自分たちで考えて自分たちで最善の策を実行していたのです。SLUSHはイベントではなくて、コミュニティです。この場を通して、新たな何かがこれからも生まれていくことを確信しています」

従前の日本でのベンチャー関連のイベントやシンポジウムの多くは、スーツにネクタイ、サラリーマン風の人が「勉強」に来ている姿が目立つのが常でした。しかし、SLUSH ASIAは違いました。若者や学生が主役で活き活きとしていました。世界的な経営者や大企業の役員もカジュアルな格好で、オープンなイベントを楽しんでいました。そして何より、ムーブメントに参加しよう、「行動」しようという雰囲気が会場にあふれていました。若者の起業ムーブメントSLUSH ASIAが今後もパワーアップしながら続いていくことを期待しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT