産業革新機構、中小機構の役割とは?

エクイティファイナンスでベンチャーを支援

将来性のある企業に対して、投資家がリスクをとって株式投資し、投資先の企業価値を高めた上で、株式を売却してリターンを得る。エクイティファイナンスは起業家と投資家が、企業を成長させるという目的を共有し、資金とともに、投資家の経営ノウハウ提供や経営人材・取引先の紹介など人的ネットワークの供給が期待できる資金調達手段です。

リスクのある新規事業分野で成長するベンチャーを育成するためには不可欠と言えます。しかし、日本の場合、金融と言えば銀行の融資が主流であり、ベンチャーキャピタル等によるエクイティファイナンスは米国の1/15程度の規模です。本稿では、政府によるエクイティファイナンスの支援に関して、産業革新機構と中小企業基盤整備機構の事業を説明します。

産業革新機構の役割とは?

産業革新機構は、“オープンイノベーション”を推進し、次世代の国富を担う産業を創出するために2009年に設立されました。資本金は約3000億円で、そのうち2860億円が政府出資、140億円がトヨタ自動車、パナソニック、3メガバンクをはじめとする民間出資です。加えて、投資のための政府保証枠を1兆8000億円有しており、投資資金の規模は2兆円を超えます。

職員は民間主体で、ベンチャーキャピタル、コンサルタント、事業会社、金融機関等から専門性の高い人材を集めています。取締役会など通常の会社のガバナンスに加えて、民間有識者から成る産業革新委員会が投資決定を行い、15年間の存続期間で、中長期の視野での投資を行っています。

投資の中では、ルネサスエレクトロニクスやジャパンディスプレイなど、大企業を巻き込んだ業界再編の投資が注目されてきたのですが、昨年以降はベンチャーへの投資も格段に伸びてきています。

次ページ2013年、戦略的投資グループを新設
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT