だから「SLUSH ASIA」には若者が集まった

奇跡的ともいえる開催プロセス

他の審査員にあいさつをしてその場を離れ、キーノートステージのメインドームを目指す途中、Slush Caféというオープンスペースの小ステージで、孫泰蔵氏が、SLUSHの創設者ピーター・ヴェスタバッカ氏らとともに、若者に囲まれて話をしていました。孫さんは語ります。

学生と有名経営者が立ち話をできる

「Slush JapanでなくAsiaとしたのは、アジアの東の端のこの地から世の中を動かすネットワークを作っていこうという意図。この大規模なイベントは、普通だと到底考えられないような短い期間で開催にこぎつけた。みなさんは今、奇跡の中にいるのです。

ボランティアの学生さんをはじめみんなの努力で、『信じれば出来る!』を実証できた。学生さんにとっても良いトレーニングになったと思う。」

ドームに囲まれた青空広場に出ると、あちらこちらで有名人を囲んだ立ち話の輪。世界的な経営者、日本の大企業の役員、国会議員らと若手起業家、学生たちが気軽に、対等に話しています。普段見られない事が、「お祭り」の空間で実現しているのです。この他「ビジネスマッチング」のブースも多数準備されており、商談が進んでいます。10台のキッチンカーによる多国籍の料理提供と食事スペースでは歓談の声が広がっています。

メインドームに移動すると、スタートアップ特区である福岡市の高島宗一郎市長が、しくみデザインの中村俊介代表とともに、気迫を込めてバーチャル楽器KAGURA(ジェスチャー認識で音を出す楽器)を演奏中。その後の市長のスピーチは、ベンチャーや起業家と政治が繋がって新しいルールを作っていくことが大事と、若者の政治参加の呼びかけ。若者が都市を変える、国を変える、未来を変えると力強く語っていました。

SLUSH ASIAの基調講演は、世界中から30人の有名人が集まりました。「最もイノベーティブな会社」に選ばれたIDEOの共同創業者Tom Kelley氏、スマホ向けゲームのトップ企業SupercellのIlkka PaananenCEO、DeNA創業者の南場智子氏、LINE社長から転身し動画スタートアップを起業した森川亮氏など、豪華メンバーの講演が1日続きます。

そして、最後のステージは朝から開催されてきたスタートアップピッチコンテストのファイナルステージ。メインドームが立ち見も出る大入り満員で、予選ステージを勝ち抜いた5組が渾身のプレゼンテーション。審査の末、大歓声の中で台湾のVMFive(ゲーム体験が出来るプレイアブル広告サービス)が優勝の祝福を受けました。準優勝はYappli(特別な知識がなくともアプリを作成・開発できるツールを提供)、第3位はFOVE(視線を検知しデバイス操作、仮想空間を実現)と日本勢になりました。

次ページ開催プロセスもかなり異例だった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT