「職場の苦手な人」で心を消耗しない2つのコツ 自分の心の持ちようをどう変えればいいのか

拡大
縮小
(写真:metamorworks/PIXTA)
「頑張っているのになぜか仕事で成果が出せない――。こんな経験、みなさんもしたことあるでしょう。実は、こういう時、その人にとっての最大の敵(うまくいかない要因)が、その人『自身』であることが少なくありません。『自分には才能がないから』などと余計なことを考えたり、『だから自分はダメなんだ』などとダメ出ししたりして、どんどん自分で自分の心やメンタルを追い詰め、パフォーマンスを下げてしまっているのです――」と語るのは、キャリア教育研究家で『『会社、仕事、人間関係で 心が疲れない仕事術』の著者の福山敦士氏。仕事における人間関係が楽になる考え方について話を聞きました。

苦手な人は「気にしない」

「仕事をしたくない」「働きにくい」と感じる理由の多くは、職場の人間関係です。「周りのみんなとうまくいかない」「苦手な同僚がいる」などの理由で退職を決意する人も少なくありません。ですが、日本だけでも約1億2500万人いるうえに育ってきた環境も性格も皆違います。つまり、相性が悪い人がいて当たり前。どこの職場も変わりません。そのことで悩むより、相性の悪い人との付き合い方を身につけておくといいでしょう。

では、相性の悪い人とどうやって付き合っていけばいいのか?

結論は「気にしないこと」につきます。

苦手な人とは「上手に距離をとったほうがいい」という意見もあります。しかし、鉢合わせしないように気を使っていると、かえってその人の動向が気になり、余計に疲れてしまいます。苦手な人間関係を克服するには、やはり自分の心の持ちようを変えるのが一番です。

そのために、まず知っておくべきことがあります。それは、起こった出来事に対するネガティブな気持ちも、ポジティブな気持ちも、すべてあなた自身の心が作り出したものだということです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT