ホンダ新型「N-BOX」販売台数首位、王者の決断 キープコンセプト、使い勝手や質感が高まった

✎ 1〜 ✎ 144 ✎ 145 ✎ 146 ✎ 最新
拡大
縮小
新型N-BOX
特設サイトで新型となる3代目が発表されたホンダN-BOX(東洋経済オンライン編集部撮影)

「日本一売れているクルマ」、ホンダの軽スーパーハイトワゴン「N-BOX(エヌボックス)」がフルモデルチェンジを受け、3代目となる新型が2023年8月3日に公式の特設サイトで公開された。

この記事の画像を見る(123枚)

2023年秋に発売が予定されている新型は、好調な売れ行きを続ける2代目モデルが持つ特徴を継承しつつ、内外装をアップデートしていることがポイントだ。

例えば、外観では、安定感のある四角いフォルムはそのままに、フェイスデザインを中心にデザイン変更を施すことで、上質感などを向上。また、内装は、インホイールメーターや水平基調のインストルメントパネルなどを採用し、より運転しやすい視界を確保する。

さらにグローブボックスの容量拡大などの収納スペースも増やすことで、ファミリー層をはじめとした幅広いユーザーにとって、より使いやすいクルマに仕上げているという。

N-BOXはここ数年、新車販売台数で1位を続ける人気モデルだけに、新型がどんな進化を遂げ、どのように商品力をアップさせたのか、多くのユーザーが気になるところだろう。ボディサイズや搭載エンジン、価格など、まだ明らかになっていない点も多いが、ここでは、現時点でわかる範囲で、新型の変更点や特徴などを紹介する。

N-BOXの歴史や特徴について

初代N-BOX
2011年のデビューした初代N-BOX(写真:本田技研工業)

2011年に初代モデルが登場したN-BOXは、軽トールワゴンの「N-WGN(エヌワゴン)」、走りも魅力の「N-ONE(エヌワン)」、軽商用車の「N-VAN(エヌバン)」といったホンダ「N」シリーズのフラッグシップともいえるモデルだ。

次ページ2代目で人気が爆発、N-BOXが日本で一番売れた訳
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT