中国の自動車輸出、2023年上半期は200万台突破 「新エネルギー車」の輸出台数も50万台超え

✎ 1〜 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 52 ✎ 最新
拡大
縮小
中国のEV最大手のBYDは、2023年上半期の輸出台数を前年同期の11.6倍に急拡大させた(写真は同社ヨーロッパ法人のウェブサイトより)

中国の自動車輸出の急拡大が続いている。中国汽車工業協会が7月11日に発表したデータによれば、2023年上半期(1月~6月)の輸出台数は前年同期比75.7%増の214万台に達した。そのうち「新エネルギー車」の輸出台数は53万4000台と、前年同期の2.6倍に増加した。

(訳注:新エネルギー車は中国独自の定義で、電気自動車[EV]、燃料電池車[FCV]、プラグインハイブリッド車[PHV]の3種類を指す。通常のハイブリッド車[HV]は含まれない)

メーカー別で最も輸出を伸ばしたのは、中国のEV最大手の比亜迪(BYD)だ。同社は上半期に8万1000台を輸出し、前年同期の11.6倍という急成長を達成した。

「BYDの輸出は2022年上半期は少なく、下半期から拡大に転じた。2023年上半期の(前年同期比の)成長率が極めて高いのはそのためだ」。中国汽車工業協会の副総工程師を務める許海東氏は、背景をそう解説する。

メーカー別の販売状況に明暗

一方、上半期の中国国内の自動車販売台数は1323万9000台と、前年同期比9.8%の増加を記録した。「中国政府による(自動車取得税の減免措置延長などの)販売促進政策やメーカーの営業努力、新型車の大量投入などの相乗効果で、国内需要が徐々に回復した」と、許氏は分析する。

そんななか、国内市場では新エネルギー車の存在感がますます高まっている。上半期の新エネルギー車の販売台数は374万7000台と、前年同期比44.1%増加。自動車の総販売台数に占める比率は28.3%と、同6.7ポイント上昇した。

とはいえ、メーカー別の新エネルギー車の販売状況は明暗が分かれている。例えば国有自動車最大手の上海汽車集団は、上半期の新エネルギー車の販売台数が前年同期比7.1%減少。同じく国有大手の東風汽車集団も、同3.9%の減少に終わった。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、国有大手の広州汽車集団は、上半期の新エネルギー車の販売台数を前年同期の2.1倍に急拡大させた。新興EVメーカーの理想汽車は、上半期の販売台数が前年同期の2.13倍の13万9000台に達し、新エネルギー車のメーカー別の販売ランキングで第8位に食い込んだ。

(財新記者:戚展寧)
※原文の配信は7月11日

財新 Biz&Tech

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

ザイシン ビズアンドテック

中国の独立系メディア「財新」は専門記者が独自に取材した経済、産業やテクノロジーに関するリポートを毎日配信している。そのなかから、日本のビジネスパーソンが読むべき記事を厳選。中国ビジネスの最前線、イノベーションの最先端を日本語でお届けする。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT