20代社員が生き残るために必要な2つのこと

人と同じ行動をしていたら最後はカモられる

藤野 まず、リクルーターたちが、ファースト・リクルーティングをするにあたって、なんだか周りと上手く協調できそうにない、規格外の人間から切ろうとしますよね。それが当たり前だと思っている。

当然、入社試験や面接を通じて大勢の人が落とされるので、それに残れた人というのは、かなりの程度、似通った性質の集団にならざるを得ない。ある意味、これは危険な状況とも言えます。

渋澤 しかも、ネット社会、ハウ・ツー社会だから、誰かが「こうした方が良い」などと書き込むと、そうしなければいけないんだ、みたいなムードが一挙に拡散し、ますます皆の行動パターンが似通ってしまう。

日本の会社の問題は、組織の中間部分にある!?

藤野一部のネットメディアでも話題になったのですが、たとえば面接室に入る前に、就活生がドアをノックするじゃないですか。その回数は3回だと合格、2回だと落ちるなんてことが、まるで都市伝説のように言われていましたよね。「そんなこと、あるわけないじゃないか」なんてツイッターやフェイスブックで書こうものなら、すぐに「就職の現場を知らなさ過ぎる」なんて叩かれてしまうのですよ。

渋澤でも、経営トップは、そんな些細なことは気にしないでしょう。そもそもこれからの企業はグローバルな視野で物事を考えて行かなければならない。多くの経営トップは、グローバルなビジネス環境で活躍できる、多種多様な人材を求めています。粒が揃っていることは、さして重要視していない。つまり、モノカルチャーになっているのは、経営トップというよりも、中間層や現場だと思うのです。

中野でも、それって、日本の会社組織に関する問題提議になっていると思いますよ。要するに、社長の言っていることが、現場レベルで全く具現化されていないということです。

渋澤つまり、組織内部に強力な岩盤があるということです。やはり組織の中間部分が問題なのでしょうね。

藤野 ノックは2回だと内定がもらえないといった都市伝説はありますが、そこまで神経質にならなくても、今の就職環境は非常に良くなっています。

次ページなぜ大企業志向が強くなっているのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。