「休日ダイヤ」からすっきり社会復帰する方法 手っ取り早く解決するための「三位一体改革」

印刷
A
A

■3, 呼吸

現代人は、呼吸が浅くなっていると言われています。呼吸が浅いと、不安になりやすいという実験結果もあり、それと裏返しに、不安な時には呼吸が自然と浅くなります。

自動コントロールされている自律神経系統の中で、唯一自己コントロールが可能なのが呼吸です。心臓を自由に止めることはできませんが、息を止めることはできますよね?

何度か繰り返すだけで効果が

そこでぜひやっていただきたいのが、深呼吸です。これを積極的に行っていくことで、自分の自律神経にダイレクトに信号を送ることができ、気持ちの安定につながります。

やり方は簡単。4カウントで吸って、倍の8カウントで吐ききるだけです。これを何回か繰り返しましょう。お腹のあたりを意識して腹式呼吸ができるといいですね。時折、「鼻から吸うんですか?」とか「口から吐いた方がいいですか?」と質問を受けますが、自分の楽な方でOKです。花粉症なのに我慢して鼻から吸うのも、辛いでしょうし。

また、嫌な夢を見て夜中に目が覚め、心臓がドキドキしている時も、深呼吸は力を発揮します。何回か繰り返すだけで、ドキドキを抑える効果があります。脳内のセロトニンをたっぷり充足させて、休み明けの憂うつを吹き飛ばしましょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT