「住みよさランキング2023」九州・沖縄編トップ50 熊本、鹿児島、沖縄の自治体が上位に多数

✎ 1〜 ✎ 80 ✎ 81 ✎ 82 ✎ 最新
拡大
縮小
熊本県人吉市(写真:kwmn/PIXTA)

東洋経済『都市データパック』編集部が1993年から発表している「住みよさランキング」は、自治体ごとに“住みよさ”を表す各指標について偏差値を算出し、その平均値を総合評価として、順位付けを行っている。

全国総合トップ200」「関東編トップ100」「近畿編トップ50」「中部編トップ100」に続いて、今回は「九州・沖縄編トップ50」を紹介する。

住みよさランキングの算出に用いた「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の各視点や、算出基準となっている各指標の詳細は全国総合トップ200の記事で説明している。

より詳しい情報は『都市データパック』2023年版に掲載しているのでそちらも参考にしていただきたい。

熊本県の自治体が多くランクイン

1位は熊本県人吉市。安心度14位、利便度15位とバランスの良いまちだ。周囲が九州山地の山々に囲まれた盆地で、市域の7割以上を森林が占める。人吉温泉や球磨川下り、「SL人吉」などの観光資源があることで知られる。中心市街地や幹線道路沿いには、大型スーパー、ドラッグストア等が多数あり買い物利便度が良く、「小売販売額」や「大規模小売店店舗面積」の指標がどちらも全国35位前後。「飲食店数」は全国1位タイとなっている。

都市データパック 2023年版 (週刊東洋経済臨増 DBシリーズ)
『都市データパック』2023年版は6月12日に発売。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

2位は熊本県合志市。熊本市のベッドタウンとして人口増加率が高く、年少人口比率は全国屈指の高さ。電子部品や半導体関連企業や研究機関が進出しており、近年は近隣自治体も含めて新工場の建設が進む。

人口の増加が著しく「転出入人口比率」は全国1位である。また、「0~4歳児数」「刑法犯認知件数」ともに全国1位であり、安心度15位、快適度8位という結果につながっている。

3位は大分県由布市。安心度以外のカテゴリは平均的だが、安心度は3位。安心度の高評価の理由としては、「人口当たり病床数」のほか、医師数も多く、医療体制が充実していること、また、「0~4歳児数」「こども医療費助成制度」も全国上位であることが挙げられる。基幹産業は観光業で、中でも全国的な知名度をもつ湯布院温泉は、温泉湧出量、源泉数ともに全国2位である。

九州・沖縄地区は全体として、安心度カテゴリが強い。安心度のカテゴリ別順位では、1位~24位までのほぼすべてをこの地区が独占している。詳細を見ると、「0~4歳児の数」「刑法犯の認知件数」の偏差値が高い傾向にある。

「九州・沖縄編」の50位までの顔ぶれを県別に見ると、熊本県、鹿児島県、沖縄県がトップ3。熊本県は14市中12市が入っている。また、鹿児島県で特徴的なのは、安心度カテゴリで全国1位の西之表市を有すること。

詳しくみると、「0~4歳児数」は全国1位タイ、人口当たり「交通事故件数」「こども医療費助成制度」は同10位以内。他の指標も上位100位に入っている。沖縄県といえば合計特殊出生率が高いことが知られているが、「0~4歳児数」 は、11市中8市が1位タイと圧倒的である。

(※外部配信先では図表などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

次ページ1〜50位のランキング
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT