東京からもっとも近い被災地・浦安(6)

松崎秀樹市長--「痛みの分かち合い」で復興できる

浦安市長・松崎秀樹--痛みの分かち合いにより浦安は必ず復興できる

東京湾岸の千葉県浦安市は、市域の4分の3を埋め立て地(中町地域、新町地域など)が占める。3月11日の東日本大震災では広範囲で液状化が発生。3万7023世帯で上下水道、ガスなどライフラインが断たれた。都市基盤施設の被災総額は約734億円に及ぶ。江戸川を挟んで東京都と接する同市は、まさに「東京から最も近い被災地」だ。

同市では震災発生直後からライフラインの復旧を進めてきた。最も時間がかかった下水道についても、東京都下水道局の大規模な応援を受け4月15日には復旧する見通しだ。

こうした中、松崎秀樹市長は、4月1日告示、10日開票の千葉県議選について、再三、期日延期を申し入れてきた。が、受け入れられず選挙期間に突入。一方で浦安市議選は17日告示、24日開票で予定どおり行うと表明するなど、異例の事態になっている。同市の被災実態と今後の対応について、松崎市長に聞いた。(※インタビューは4月上旬に行われました)

--東京湾岸の埋め立て地で、浦安市だけがなぜ、ここまで大きな液状化被害を受けたのでしょうか。

県内では香取市も液状化がひどかったが、水田が中心。一方、浦安市では16・98平方キロメートルの面積に16万5000人の市民が住んでおり、典型的な都市災害となった。

なぜ中町や新町の被災がこれほどひどかったのか、地震のメカニズムはまだよくわからない。というのは、埋め立て地ではない元町地域も旧江戸川の堆積土でできている。元町は関東有数の人口密集地でもあり、市としては震災時にはこの地域の家屋倒壊、火災発生を心配していた。「火事になれば元町に消防を集中させるので、中町、新町へは行けない。皆さんは自分たちで1週間頑張ってください」と、自主防災組織を作ってもらっていたほどだ。しかし今回、元町はまったく無傷。推測だが、震度が地域によってかなり違っていたのではないかと思う。

(中町の)舞浜3丁目にある京葉ガスの地震計は震度6弱を示していた。新町には震度5強にも耐えることができる100トン級の飲料貯水槽を3基設置していたが、そのうち2基が完全に壊れてしまった。局地的に想定を超えた揺れが来たようだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT