東京からもっとも近い被災地・浦安(6) 松崎秀樹市長--「痛みの分かち合い」で復興できる

拡大
縮小


 ──備えは十分に行ったが想定を超えていた、と。

今のところそうとしか言えない。ただ、甚大な被害があったものの、地震による死者もいなければ、ケガ人もほとんど出なかった。東北地方の壮絶な状況とはまったく違う。

──そうした中、県議選の選挙事務を拒否しました。

せめてライフラインの応急復旧まで待ってほしいと要請したが、総務相は千葉県を延期指定しなかった。法律では県単位で指定するよう定めており、浦安市の事情だけを考えられないのだろうが、これは法の不備。いま多くの市民が避難していて市内にいない。選挙を強行すれば憲法で認められた重要な参政権が侵害される。これが選挙をできない第1の理由。第2に、立候補者も、適正に自分の政策をアピールできる状況にない。第3に、行政側の問題。県から受託して選挙事務を行うわけだが、応急復旧さえままならない時期に人を割けない。余震のたびに道路陥没など新たな被害が生じており、投票所の安全性も確保できない。

──4月10日に選挙をやることはもはやない、と。

選挙期間は公職選挙法に定められている。それを勝手に短縮することはやるべきでない。私が恣意的に選挙を誘導したことになってしまう。

投票用紙を発送せず、投票所の整備もしていない中、県の選挙管理委員会は立候補者に選挙活動するよう言っている。本当にどうかしている。

──県議の任期は4月29日。県への代表は送らなければなりません。

応急復旧にメドが立つ15日以降ならばできる。そこであらためて再選挙を行うという手がある。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT