東京からもっとも近い被災地・浦安(6)

松崎秀樹市長--「痛みの分かち合い」で復興できる


 ──備えは十分に行ったが想定を超えていた、と。

今のところそうとしか言えない。ただ、甚大な被害があったものの、地震による死者もいなければ、ケガ人もほとんど出なかった。東北地方の壮絶な状況とはまったく違う。

──そうした中、県議選の選挙事務を拒否しました。

せめてライフラインの応急復旧まで待ってほしいと要請したが、総務相は千葉県を延期指定しなかった。法律では県単位で指定するよう定めており、浦安市の事情だけを考えられないのだろうが、これは法の不備。いま多くの市民が避難していて市内にいない。選挙を強行すれば憲法で認められた重要な参政権が侵害される。これが選挙をできない第1の理由。第2に、立候補者も、適正に自分の政策をアピールできる状況にない。第3に、行政側の問題。県から受託して選挙事務を行うわけだが、応急復旧さえままならない時期に人を割けない。余震のたびに道路陥没など新たな被害が生じており、投票所の安全性も確保できない。

──4月10日に選挙をやることはもはやない、と。

選挙期間は公職選挙法に定められている。それを勝手に短縮することはやるべきでない。私が恣意的に選挙を誘導したことになってしまう。

投票用紙を発送せず、投票所の整備もしていない中、県の選挙管理委員会は立候補者に選挙活動するよう言っている。本当にどうかしている。

──県議の任期は4月29日。県への代表は送らなければなりません。

応急復旧にメドが立つ15日以降ならばできる。そこであらためて再選挙を行うという手がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。