アップルが緑色に!「環境経営」の本気度

温室効果ガスの排出削減を積極アピール

Apple Store表参道の様子

4月22日、アースデーを迎え、東京と大阪にあるアップル直営店「Apple Store」の店舗には、大きなアピールポイントでもあるおなじみのリンゴの葉が緑に染められた。同時に、アップルは環境配慮に関する情報を提供するためのウェブサイトとムービーを公開し、同社の取り組みを紹介している。

ウェブサイトには5つのカテゴリが用意されている。「気候変動」「再生可能な資源」「限りある資源」「有害物質」「私たちの取り組み」の5点だ。

世界最大のデジタル機器メーカーとして、これらの課題にどのように取り組んでいるのかを明らかにし、ユーザーである我々がどの様な基準で製品を選ぶべきか、という新しい尺度を作り出そうとしている。

カーボンフットプリントによる計測

気候変動については、温室効果ガスの排出を計測する「カーボンフットプリント」を計測材料にしている。アップルは2013年から2014年に、温室効果ガスを3420万トン排出した、と公表している。温室効果ガスインベントリオフィスによると、日本の一般家庭では、1年間に二酸化炭素を5274キログラム排出するという。つまり、アップルは1社で、実に約650万世帯分を排出している計算になる。

その内訳とはどのようなものだろうか。

次ページ温室効果ガスがもっとも多く出るのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT