アップルが緑色に!「環境経営」の本気度

温室効果ガスの排出削減を積極アピール

日本メーカーはアップルに様々な市場分野で敗北を喫してきた。その一方で、部品調達はまだまだ日本に強みが残っており、アップルにとって日本の多くのメーカーが重要な仕入れ先だ。アップルが横浜にアジア最大の研究開発拠点を設置することも、彼らが日本を高く評価していることの表れと言えるだろう。ここに、日本企業が「持続的な発展を支えるテクノロジーやモデルの提供元」として、いっそう活躍するチャンスがあるはずだ。

アップルのように環境配慮を積極的にアピールすると、たとえ企業が本気で意識していたとしても、顧客からはブランディングの1つに過ぎないのではないか、とみられることもある。しかし顧客にも何らかの実利を与えることが、最大の理解に繋がるのではないだろうか。

バッテリーの持続時間が伸びると?

例えば、バッテリーの持続時間は非常に面白い。筆者も試した2015年モデルのMacBook Pro 13インチと、全く新しいMacBookは、それぞれ9時間のバッテリー持続時間になった。

もちろん、すでにこのレベルのバッテリー持続時間を達成してきた日本メーカーはたくさんあったが、昼間充電しながら使ってきたノートパソコンが、まるでスマートフォンのように、夜帰宅してから充電するだけになった。

電池の残量を気にしながら行動することがなくなった。自社を選んでくれる顧客にこうしたメリットを提供しつつ、しかし結果的にアップルとしても温室効果ガスの削減に成功している。

こうした巧妙なパズルを、今後も繰り返していかなければならない。技術革新に加えて、アイディアと行動力を必要とする、非常に面白い分野と言えるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。