アップルが緑色に!「環境経営」の本気度

温室効果ガスの排出削減を積極アピール

最も大きな部分を占めるのが製造時の排出だ。特にここ数年、iPhone、iPad、そしてMacBook Airの強靱な需要と性能・容量向上のニーズに対応するため、その生産を増やしてきた。「カーボンフットプリント」は昨年比で5%増えたという。

その一方で、製品の電源効率が高まったことから、2番目に大きな排出源となっている製品使用によるものは7%削減された。台数を伸ばしながら削減に成功している点は評価できる。

同時に、カーボンフットプリントに、同社から製品が送り出された後も追跡している点も指摘しておくべきだろう。

アップルはウェブサイトの中で、利益あたりの温室効果ガス排出量は2008年以降減少していると記している。しかしながら、気候変動にインパクトを与えるためにはそもそも排出の総量を減らすことでしか、解決しない。

アップル製品の物量はきわめて多い

アップルはiPhoneだけで3カ月に7000万台も出荷している

アップルほどの規模の企業となると、例え1つのデバイスの環境負荷が変わるだけでも、そのインパクトは大きい。

例えばiPhoneは1四半期(3カ月)だけで7000万台を超える出荷があるが、もし1台あたりで使うアルミニウムが1グラム減っただけで、70トンのアルミが節約できる計算だ。もちろん資源を減らすことにつながるが、拡大、増産を続けているアップルにとっては、節約した材料で別の製品を作っている、というのが現状だろう。

米国環境保護庁が定めるエネルギー効率に関する認証「ENERGY STAR」は、多くの製品に星形の認証マークを見つけることができるが、アップルはノートブックで5倍、デスクトップで7倍上回るエネルギー効率を発揮しているという。

次ページ基準や認証には限界もある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。