「旅行写真をSNS投稿」リスク高いと言えるワケ 知らずに自分が「犯罪加害者」になる危険も

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17
拡大
縮小
GWに楽しい予定を立てている方も多いと思いますが、今一度、SNSを通じた個人情報流出のリスクを心にとめておきましょう(写真:y.uemura/PIXTA)

昨今、「SNSでの誹謗中傷はやめましょう」、「第三者の名誉、プライバシー権等の権利を侵害するようなSNS投稿をしないように」といった注意喚起が様々な報道を通じてなされています。

しかし、SNSを通じた自分自身の個人情報流出のリスクについてはどうでしょうか。第三者への権利侵害となるリスクに比べて、それほど危機感を持たれていないように思います。

GWに帰省、旅行、外食等楽しい予定を立てている方も多いと思いますが、今一度、SNSを通じた自分の個人情報流出のリスクを心にとめておきましょう。

帰省、旅行のSNS投稿は事後に

2022年10月、11月に、札幌市内で留守宅を狙った窃盗事件が相次ぎましたが、これらの窃盗事件に関与したとする窃盗グループが、被害者のSNSへの投稿をもとに侵入先の狙いをつけていた疑いがあると、NHKで報道されました。

2022年10月、札幌市中央区で20代の女性が住むマンションの部屋に侵入し、現金およそ1300万円を盗んだとして知人ら2人が逮捕されました。

被害者の女性は旅行で数日間、留守にすることをインスタグラムに書き込んでいたということで、警察は2人がこの書き込みを読んで盗みに入ったとみて捜査しています。

また、11月には、札幌市中央区でマンションに住む会社役員の男性が食事に出かけている間に空き巣被害に遭い、ブランド品の財布やバッグなどおよそ75万円相当を盗まれました。

捜査関係者によりますと、この事件で逮捕・起訴された被告らは被害者と面識がなく、SNSに投稿された車などの写真から住んでいるマンションを特定していたということです。

そして、事件当日はSNSの書き込みで飲食店にいることを確認したうえで留守宅に侵入していました。

(出典:NHK NEWS WEB 「SNSに帰省・旅行情報書き込まないで 札幌で高額窃盗事件相次ぐ」)

次ページ自分が被害者となるリスクだけでなく、「加害者」になる危険も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT