本当に必要なものだけが発達していく

マガジンハウス最高顧問・木滑良久氏③

きなめり・よしひさ 1930年、東京生まれ。立教大学文学部卒業後、平凡出版(現マガジンハウス)入社。『週刊平凡』『平凡パンチ』『アンアン』の編集長を経て、『ポパイ』『ブルータス』『オリーブ』など人気雑誌を創刊。88年同社社長、96年会長。98年より同社最高顧問。

少し前になりますが、映画『ソーシャル・ネットワーク』を見ました。フェイスブックを作った、マーク・ザッカーバーグをテーマにした映画です。このフェイスブックもきっかけとなり、民主化を求めるデモがチュニジアで始まって、エジプト、リビアに飛び火するなど、世界を動かしている。

出版業界でも、インターネットや電子書籍による雑誌への影響が、盛んに議論されています。でも、新しい技術やサービスといっても、必要なものは生活にしみ込んで残っていくし、いらないものは捨てられていくだけ。その是非をいちいち議論しても意味がないんです。米国では、紙の雑誌を電子化したものは、ほとんど成功していません。一方、あるピアニストは、アイパッドより、もう少し液晶画面の大きい端末があったら、演奏会で楽譜に使えてすごく便利だ、と言います。このように、電子書籍には多様な活用法があり、本当に必要なものだけが発達していくはずです。

ウォークマンの誕生に、ちょっとだけ貢献

音楽では、昔のレコードとか古いプレーヤーのほうが味があっていいという人もいます。でも僕は、今のほうがいい。昔は移動中に音楽を聴けなかったですし。

実は、ソニーのウォークマンの誕生には、僕もちょっとだけ貢献しています。『ポパイ』の編集長をしていたとき、銀座ソニービルのマキシム・ド・パリのバーで、盛田昭夫さんに「スキーをやりながら音楽が聴けたらいいな」という話をしました。その当時、自転車にフロアディレクターが使うようなレシーバーとマイクロフォンをつけて、「次、右曲がるぞ」「了解」などと言いながら、息子と一緒にサイクリングをしていました。それで、「もっと便利にならないかな」という話をした。さらにエスカレートして、スキューバダイビングをしながら音楽を聴きたい、とお願いしたら、「水圧で耳の中にレシーバーがめり込んで危険です」と言われてしまいましたけど。その後、記念に金色のウォークマンをもらいましたよ。

「ソニー・アイデア・コンクール」という、アイデアコンテストの審査員もやりました。社員がアイデアを出して、合格した作品には会社から製作費が補助されるコンテスト。たとえば、ミジンコに磁力を持たせた時計というアイデアもありました。ミジンコがぐずぐず動きながら時間をちゃんと描く。そのコンテストはなくなってしまいましたが、奇抜な発想を実現しようとしていて、面白かったですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT