アメリカ人の「マリオ愛」がもたらした映画化成功 ゲームにはなかった物語の背景も描かれる

拡大
縮小
マリオ ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー
映画の声優陣とマリオの生みの親である宮本茂氏(右端)(写真:Kayla Oaddams/Getty Images)

今月28日に日本公開を控える『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』。先行公開されている海外での勢いが止まらない。

公開初週末にはあらゆる新記録を打ち立てたが、2度目の週末も絶好調。北米成績は8700万ドルと、『アナと雪の女王2』(8590万ドル)を抜いて、アニメーション映画の2週目の成績としては北米で史上最高記録を達成した。製作のイルミネーション・エンターテインメントの歴史においても、これは記録だ。

世界興収はすでに7億ドルを超え、今のところ2023年公開作の最高ヒット作となっている。公開初週末に大きな数字を上げた映画は2週目に落ち込むことが多いが、この映画は37%しか落ちていない。これはまさにクチコミの力。アメリカの批評家からのウケは良くなかったが、シネマスコア社による観客の感想調査で、この映画は「A」を得ているのだ。

それはつまり、この映画を公開直後に見に行ったゲームのファンが大満足し、別のファンにそう話したということ。そうなったのも、納得。この映画はスーパーマリオのゲームを愛する人たちによって作られていて、それがファンに伝わったのだ。監督はもちろん、声の出演をした役者たちや作曲家もである。

マリオ ザ・スーパーマリオブラザース・ムービー
(c)Universal Pictures

たとえば、クッパの声を務めるジャック・ブラック(53)。彼は、筆者とのインタビューで「これは僕がこれまでに得た中で最高の仕事。だって、クッパになれたんだから」と言っている。1982年から任天堂のゲームをプレイし、ふたりの息子さんともマリオのゲームを一緒に楽しんできたというブラックは、この役のオファーが来ると、迷いもせずにイエスと答えた。

「脚本はまだなかったし、どんな内容になるかも聞かなかった。それでもイエスと言ったんだ。そしてすぐに息子たちに話した。『パパはクッパを演じるよ』ってね。息子たちは最初、信じなかった。マリオをプレイして育ったから、ぴんとこなかったんだろう。任天堂はそれだけ長いこと人々を楽しませてきたということ。僕も子供の頃、大好きだったし、息子たちもだ」と彼は語っている。

次ページファンの望みが入っている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT