関東地方の放射線量は低下、ほとんどの地域が平常レベル内に、文部科学省発表

関東地方の放射線量は低下、ほとんどの地域が平常レベル内に、文部科学省発表

文部科学省がとりまとめている都道府県別環境放射能水準調査によれば、関東各地の放射線量は低下傾向が続いている。

4月に入ってからは、水戸市を除き、過去の平常時の上限値の0.1マイクロシーベルト/時を下回る水準になってきている。

水戸市は依然として平常時に比べると高い値だが、直ちに健康に影響を与えるような水準ではまったくない。

3月15~16日に各地で非常に高い放射線量が計測された後、いったん線量は低下、
21~22日の降雨によって南関東各地に放射性物質が降ったため再び値が高まったと見られる。

その後は、放射線量は各地ともほぼ一貫して低下を続けていることから、15日以降は大気中に新しい放射性物質が大量に放出されてはいないもようだ。

[+図をクリックして拡大]

出所:文部科学省

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。