関東地方の放射線量は低下、ほとんどの地域が平常レベル内に、文部科学省発表

関東地方の放射線量は低下、ほとんどの地域が平常レベル内に、文部科学省発表

文部科学省がとりまとめている都道府県別環境放射能水準調査によれば、関東各地の放射線量は低下傾向が続いている。

4月に入ってからは、水戸市を除き、過去の平常時の上限値の0.1マイクロシーベルト/時を下回る水準になってきている。

水戸市は依然として平常時に比べると高い値だが、直ちに健康に影響を与えるような水準ではまったくない。

3月15~16日に各地で非常に高い放射線量が計測された後、いったん線量は低下、
21~22日の降雨によって南関東各地に放射性物質が降ったため再び値が高まったと見られる。

その後は、放射線量は各地ともほぼ一貫して低下を続けていることから、15日以降は大気中に新しい放射性物質が大量に放出されてはいないもようだ。

[+図をクリックして拡大]

出所:文部科学省

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT