「30歳を過ぎた転職」で直面する思いがけない壁 前職で実績がある人ほど、転職先では要注意!

拡大
縮小
転職して起きる「こんなはずじゃなかった」は、コミュニケーションのズレが原因にあるようです(写真:Greyscale/PIXTA)
この記事の画像を見る(3枚)

「わかってないな~」「そのやり方、誰に教えてもらったんだ?」「前の会社ではよくても、当社では通用しないよ」――。

31歳で転職し、まさかこんなことを言われるなんて、想像したこともなかった。 転職先で結果を残す自信はあった。前職では、生産技術のエンジニアとしてチームリーダーを務めていた。

社長から1年間口説かれ、実力を買われて転職する決心をしたのだ。にもかかわらず、転職後にこんな扱いを受けるとは……。 30歳前後で実績を出しているのに、転職先でうまくいかないといった彼のような例は珍しいことではない。

今回は、なぜ実績があるのに、新しい職場で信頼を失ってしまうのか。その3つの理由と、どうすればこの悩みは解決するのか。拙著『キミが信頼されないのは話が「ズレてる」だけなんだ』から引用しつつ、詳しく解説する。

前職で実績がある人ほど、転職先では要注意!

実のところ前職で実績があればあるほど、転職先で注意が必要なのだ。原因はいろいろあるだろうが、以下3つのクセがなくなっている(もしくは足りなくなっている)ことはとても大きい。

1、確認グセ
2、質問グセ
3、話しグセ

まず「1、確認グセ」について解説しよう。

前職で実績があり、慣れたメンバーと長く仕事をしていると、曖昧な話し方をしても話が通じてしまうことが多い。

「これ、もう少し精度をアップして」

「わかりました。もう少しだけ精度を上げます」

こんなやり取りでも「認識のズレ」はない。知った仲だから「少し」「ちょっと」「大幅に」「できる範囲で」といった曖昧な表現でも、それほどズレは生じない。だから、いつの間にか確認グセをなくしてしまう。

当然、新しい職場だと問題が起こる。

次ページ「わかってないな~」と言われてしまう理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT