紙おむつ“影の主役” 日本触媒SAPとDNA《下》

もう一つ、燃料電池の電解質であるジルコニアシート・セルだ。10年度150万枚が来年度は300万枚に倍増する。すでに黒字化し、世界のジルコニアシートの大半は、日本触媒が供給している。

が、ここまで来るのに二十余年。供給先のベンチャー企業が倒産したり、一時、開発が行き詰まったり。

あきらめない“しつこさ”が日本触媒のDNAだ。59年、わが国で初めて自社技術による工業化に成功した酸化エチレン。合成繊維の原料になるエチレングリコールに展開し、日本触媒の大黒柱に育ったが、中東から安値のエチレングリコールが大量流入するに至って、10年のうち9年は赤字という惨状になった。普通なら、ここで事業を断念する。

あきらめなかった。コンクリート混和剤など誘導品を幅広く開発する一方、界面活性剤の日本乳化剤を買収し、酸化エチレンの“非エチレングリコール化”比率は8割。日本触媒の酸化エチレンは「先進国で唯一、生き残れるプラント」となった。

“しつこさ”が花の開発にしっかり継承されている。しかも、SAPが稼ぐ成長資金を存分に花に注ぎ込めるのが、日本触媒の強みである。

70年3月、姫路のアクリル酸1号機の運転開始を前に、創業者の八谷泰造元社長が社内報に一文を寄せた。「この春に完成される数々の工場の様相が、さながら贈られるオモチャを夢にまで見る子供の気持ちに似て、春を待つこと切なる心境である。誠に、経営への執念。空恐ろしきかな。神仏も御照覧あれ」。

これが創業者の絶筆となった。日本触媒の新しい春の到来は、そう遠くないかもしれない。

◆日本触媒の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

(撮影:鈴木紳平 =週刊東洋経済2011年3月19日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT