紙おむつ“影の主役” 日本触媒SAPとDNA《下》

紙おむつ“影の主役”日本触媒SAPとDNA《下》

一つ、伝統の「現場の強さ」である。姫路は長く、日本触媒の創業の製品、無水フタル酸の生産を担ってきた。塩ビの可塑剤に使われる無水フタル酸は常温では固体になり、一瞬、温度管理を間違うとパイプが詰まる。「いちいちお伺いを立てていたら間に合わない。現場で考え、現場で解決してきた歴史がある。機械は動けばいい、ではない。使いこなさないと、品質が出ない」(姫路製造所長の尾方洋介常務)。

実は、日本触媒とアルケマの米国合弁会社、アメリカンアクリルも事故で止まった。尾方常務にすれば、「あそこの操業責任はアルケマ側。体の対応ができていない」。

二つ。増設に次ぐ増設が姫路を鍛えた。姫路の生産量は00年の45万トンが10年には倍の85万トン。建設の流儀は「バラコン」だ。ゼネコンに丸投げするのではなく、装置・機器はバラバラに自前発注する。詳細設計には製造現場も参加する。「現状の不具合がわかっているのは現場。建設、増産投資が最大の教育になる。このバルブ1個、シーケンス1つが、なぜ、必要か、建設してみないとわからない」(尾方常務)。

三つ目は、下からの改善運動だ。相次ぐ増設で工場全体に危機感が充満した。「この製造所、どないするんや」「いつか行き詰まるぞ」。

07年、課長クラス30人が半年かけて議論し、手作りで始めたのが「ものつくり一新活動」だ。

ポイントは、お仕着せのTPM(総合的設備管理)を反面教師とし、目標をカネに換算しなかったこと。カネを前面に出すと、防災=安全、作業改善が二の次になる。「この作業は本当に必要か」「ほかにやり方はないのか」。全業務を一から見直し、カネをかけても、作業改善・時間削減を優先した。そして、その成果。

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。