紙おむつ“影の主役” 日本触媒SAPとDNA《下》

紙おむつ“影の主役”日本触媒SAPとDNA《下》

一つ、伝統の「現場の強さ」である。姫路は長く、日本触媒の創業の製品、無水フタル酸の生産を担ってきた。塩ビの可塑剤に使われる無水フタル酸は常温では固体になり、一瞬、温度管理を間違うとパイプが詰まる。「いちいちお伺いを立てていたら間に合わない。現場で考え、現場で解決してきた歴史がある。機械は動けばいい、ではない。使いこなさないと、品質が出ない」(姫路製造所長の尾方洋介常務)。

実は、日本触媒とアルケマの米国合弁会社、アメリカンアクリルも事故で止まった。尾方常務にすれば、「あそこの操業責任はアルケマ側。体の対応ができていない」。

二つ。増設に次ぐ増設が姫路を鍛えた。姫路の生産量は00年の45万トンが10年には倍の85万トン。建設の流儀は「バラコン」だ。ゼネコンに丸投げするのではなく、装置・機器はバラバラに自前発注する。詳細設計には製造現場も参加する。「現状の不具合がわかっているのは現場。建設、増産投資が最大の教育になる。このバルブ1個、シーケンス1つが、なぜ、必要か、建設してみないとわからない」(尾方常務)。

三つ目は、下からの改善運動だ。相次ぐ増設で工場全体に危機感が充満した。「この製造所、どないするんや」「いつか行き詰まるぞ」。

07年、課長クラス30人が半年かけて議論し、手作りで始めたのが「ものつくり一新活動」だ。

ポイントは、お仕着せのTPM(総合的設備管理)を反面教師とし、目標をカネに換算しなかったこと。カネを前面に出すと、防災=安全、作業改善が二の次になる。「この作業は本当に必要か」「ほかにやり方はないのか」。全業務を一から見直し、カネをかけても、作業改善・時間削減を優先した。そして、その成果。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT