巨人原監督の"朝令暮改"は非難されるべきか

会社ではブレない上司が人気だが野球では?

そもそも朝令暮改とは、命令や政令などが頻繁に変更されて安定しないこと。朝、出した指示が夕方にはもう改められる状態だと、「うちの社長は朝令暮改ばかり」と、ネガティブな意味で使う場合が大半です。

確かに仕事で朝令暮改ばかりでは困る人も多いはず。逆に、発言がブレず首尾一貫している上司は、一緒に仕事がしやすいものです。マイナビの調査でも尊敬する上司像として

・ブレない

・一本筋が通っている

といった首尾一貫を求めるワードがたくさん登場。それだけ朝令暮改的な上司のマネジメントは、部下からすれば困りものなのでしょう。

経営者レベルでは、「朝令暮改」派が多数?

ただ、そうなるのには理由があります。いちばん多いのは、やはり環境の変化でしょう。冒頭のジャイアンツの話に戻りますが、レギュラーとして起用を想定していた選手にケガが発生。さらに投手陣の不振で、チームは連敗することに。そんなお家の一大事という状況になれば、朝令暮改となるような決断も「致し方ない」と原監督は考えたのでしょう。おそらく、

「方針なんて、コロコロ変わるのが当たり前。むしろ、変えられる勇気をたたえてほしい」

と考えているのではないでしょうか?

ちなみに経営者レベルになると、「この時代に」朝令暮改は当たり前と考える人が大半です。部下たちには、その変化についてくることを期待しています。

たとえば、セブン-イレブン・ジャパンを創設し、現在、セブン&アイ・ホールディングスの会長兼CEOとして巨大流通グループを率いる鈴木敏文会長は、「朝令暮改の発想」という本を書いています。右肩上がりでなく、環境が激変し、1年先、半年先の世の中がどうなっているか、誰にも読めない時代に朝令暮改は悪いことではなく、むしろ、必要な能力。一度発言したことでも環境が変化し、通用しなくなれば、すぐに訂正して方針を示さなければ、変化に取り残されてしまう。朝令暮改を躊躇なくできることが優れたリーダーの条件のひとつ……とさえ書かれています。また鈴木会長だけでなく、日本を代表するような経営者たちは

「朝礼暮改は進歩なのだ」

「朝令暮改をよしとせよ」

「朝令暮改は大いにけっこう」

と肯定派が多くみられます。当方がお目にかかったことのある経営者の中にも、「それこそ経営者の重要な資質。柔軟性や瞬発性を示す行動ではないか?」と肯定する方が比率的に多いように思います。しかも業種や業界、世代による違いはあまり感じられません。おそらく、これからも朝令暮改の経営者と、それを事務的に伝える上司の下、戸惑う部下の縮図は続いていく、むしろ増えていくのかもしれません。

次ページただし、“Whyの朝令暮改”には気をつけよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。