グローバル時代の成功のカギはダイバーシティ~「アジア内需」のチャンスを活かす《1》アジアに広がる新たな巨大市場

グローバル時代の成功のカギはダイバーシティ~「アジア内需」のチャンスを活かす《1》アジアに広がる新たな巨大市場

パク・スックチャ アパショナータ代表

近年、急速に日本企業のグローバル化が進んでいる。要因の1つとして挙げられるのが、少子高齢化などで日本の国内市場の成長力には限界があると予想され、各企業の危機感が高まっていることだ。

ただ熾烈なグローバル競争において成功するためには、主に国内だけで活動していたときと同じ意識や行動では対応できない。グローバルでの多様性/ダイバーシティの必然性を理解し、意識を高めていくことが不可欠となるのだ。

この連載では、今後大きなチャンスをもたらす可能性が高いアジア地域の魅力やアジアでのダイバーシティの実態をご紹介し、さらに日本企業がどのようにアジア市場を活用していくべきかをご提案していきたい。

2008年のリーマンショック以降、世界経済は穏やかな回復基調に入っているが、中でもアジア諸国のスピード感のある発展が目覚ましい。アジアの世界に占めるGDPシェアの割合は、00年の17.7%から15年には30%を超える見込みだ。欧米が失速懸念のある中、今後もアジアは世界経済の中での存在感を増していくだろう。

片や日本は、消費市場の飽和感が強いだけでなく、05年からすでに世界最速といわれる人口減少が始まり、内需が継続的に縮小することは避けられない。

このような中、著しく成長するアジアが注目を浴び「アジア内需」という言葉がしばしば使われるようになった。「アジア内需」とはアジア市場を日本の「内需」としてとらえる考え方である。関心が高まる背景は、「アジア内需」を取り込むことで日本の経済発展につながる成長戦略になりうるからだ。実際、日本の上場企業の地域別営業利益でアジアは、00年の6%から10年には27%まで伸びており、日本企業のアジアシフトはさらに進む勢いである。

さて、世界から強い関心を持たれているアジアの特徴は下記の4つである。

1)巨大な人口
 アジア全体の総人口は33億人で、世界総人口68億人の半分近くを占めるほど巨大だ。大規模な人口は、所得水準の向上で「大消費市場」となる可能性を秘めている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT