「勉強する意味は?」と聞く子にビシっと響く返答 勉強を楽しむ方法を生み出す「考え方」とは

✎ 1〜 ✎ 206 ✎ 207 ✎ 208 ✎ 最新
拡大
縮小
(3)勉強の意味について

上記の(1)と(2)でベースを作ったうえで、いよいよ今回の本題です。子どもに勉強する意味を聞かれた場合、次のように回答してみてください。

「意味はあると思うけど、意味がわかったら、勉強するようになるのかな?」

この言葉でおそらく子どもは黙ってしまうと思います。そして、次の言葉を伝えて下さい。

「ゲームはやる意味がわかったからやったんじゃないよね。楽しいからじゃない?」

この段階ではまだ、子どもは勉強に気持ちは向かいません。なぜなら勉強はつまらないものと思っているからです。

そこでさらに次の言葉を追加して伝えます。

「ゲームほど楽しくないかもしれないけど、楽しめる方法があるけどやってみる?」

この段階で、ほとんどの子どもは興味を示します。ここまできて初めて、方法の話になります。

(4)勉強を楽しめる方法

子どものタイプによって方法は多様であるため、この方法をやればどのような子でも勉強が楽しめるという方法はありません。たくさんある方法からいくつか試していく中で、子どもにフィットした方法を採用する形になります。

具体的な方法については、これまで200本以上記事として書いてきましたので、過去の記事を参考にしていただければと思いますが、ひとつ、方法を生み出す「考え方」について書いておきます。

成長を「見える化」して、記録更新していく

子どもがゲームにハマる理由は楽しいからですが、その「楽しい」をもう少し深掘りしてみます。

すると「楽しい」という言葉の背景には「自分の成長が『見える化』されている」ことが挙げられます。

つまり、ゲームは先に進めば進むほどポイントの数字が増えていくことや、バージョンが上がったり、アイテムが手に入ったりなど、自分のステージが明確にリアルタイムで明示されているわけです。

しかし、勉強はそのようにはなっていません。ということは、勉強もゲーム化してしまえばいいわけです。つまり、解いた問題数をポイントにしたり、プリント枚数をポイントにしたりして、それを見える状態にして、記録更新していく形にすればいいわけです。

同様に、漢字の練習もそれだけではつまらないですが、その学年で習う全漢字をプリントアウトして壁に貼っておき、習ったら赤ペンで消していくということをやるだけで、子どもはやる気になったりします。つまり、残りの漢字数が「見える化」されれば、頑張れるということです。

このように「ゲームになぜハマるのか?」と考えてみるだけでも、さまざまな方法が見えてきます。

以上、「勉強する意味」よりも「勉強したくなる方法」の確立が先だと思いますので、上記の手順で進めてみてください。今、親御さんが抱えている悩みはいくらか解消されると思います。

この連載の記事一覧はこちら
石田 勝紀 教育デザインラボ代表理事、教育評論家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いしだ かつのり / Katsunori Ishida

1968年横浜生まれ。20歳で起業し、学習塾を創業。4000人以上の生徒に直接指導。講演会やセミナーを含め、5万人以上を指導。現在は「日本から 勉強が嫌いな子を1人残らずなくしたい」と、Mama Cafe、執筆、講演を精力的に行う。国際経営学修士(MBA)、教育学修士。著書に『子ども手帳』『子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」』、『子どもの自己肯定感を高める10の魔法のことば』ほか多数。

講演、執筆相談はこちらから。

石田勝紀公式サイト

ブログ

Facebook

Voicy

 

 

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT