女性プチ起業「サロネーゼ」の意外な落とし穴

生徒が自分のライバルになってしまう!

伊勢丹新宿店で開催されたワークショップイベントで、親子で楽しめる歌や音楽を実演するミュージックセラピストでシンガーソングライターの大西亜里さん

活躍の場を広げるサロネーゼ

料理研究家、アニヴァーサリー・プランナー、ワードローブコンサルタント、ベビーダンスインストラクター、フラワーセラピスト、ライフオーガナイザー・・・。専門の強みを持ち、サロネーゼとして活躍する主婦の肩書はまさに百花繚乱の様相を呈している。

そうした女性たちを束ねたサイト、ジェネリーノを主宰するのが松前博恵氏。いろいろな意味で、センスのある主婦の知識や発信力を活用したいという自治体や企業とのコラボを増やしており、女性たちの活躍の場を広げている。

その一例が、3月下旬に伊勢丹新宿店で開催された『忙しいママの朝を応援する』ワークショップイベント。日替わりでジェネリーノの主婦たちが講師として登場した。そのひとり、ミュージックセラピストでシンガーソングライターの大西亜里さんは、キーボードを使いながら親子で楽しめる歌や音楽を実演。リズムをとりながら子どもとコミュニケーションを取ることの大切さや生演奏が持つパワーについて語り、母親たちが聞き入った。

次ページ伊勢丹もコラボに期待
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。