声が低いCEOは、年収が2000万円も多い

「低音」と「幅」でカリスマ力はアップする

その結果は、低い声にカリスマ性がある、という説を裏付けるものだっただけでなく、高い声と低い声を使い分け、声に幅がある人は、より強いリーダーシップが期待できるというものだった。

低い声は威厳や力強さを印象付ける一方で、高い声は親しみやすさやエネルギッシュさや情熱を表現する。その使い分けができれば、様々な場面で、人を魅了できるというわけだ。高低差だけではなく、スピードや大きさ、トーンなど声に様々な変化をつけることでより、その魅力はさらに高まる。

小さい声で聞き取りにくいのはよくないが、大きな声で怒鳴りっぱなしも同じぐらい悪い。最悪なのが、最初から最後まで同じ声量、同じトーン、同じスピード、つまり、モノトーンであることだ。

変化のない声は脳を沈黙させる

東京五輪招致チームのプレゼンコーチを務めたマーティン・ニューマン氏によれば、「古代、人間は、獲物が動く、という視覚の変化にとっさに反応し、脳は覚醒した。人間の脳は『変化のないという環境』では、刺激を受けない」という。つまりモノトーンのコミュニケーションは、脳を眠らせてしまうようなものなのだ。

さて、それでは、どうやってあなたの「声力」を磨くのか。次回は、筆者のニューヨークのアクティングスクールでの体験から、「ブロードウェイ式ボイストレーニング」のヒミツの一端をご紹介する。

最後に今回の黄金律をまとめておこう。

① 低い声を磨こう

高い声は、低い声に比べて、「従順」「弱い」といった印象に結びつく。リーダーシップを発揮し、自らのカリスマ性を上げていくには「低い声」を鍛えよう。ただし、無理に作ろうとせず、じっくりとトレーニングをしていくことが必要。

② 声に幅を持たせよう

低い声から高い声まで、幅のある声を使い分けることで、聞き手をより魅了できる。威圧感をもって叱る時には低い声、励ます時、鼓舞するときにやや高い声など、自由自在に使い分けられると、カリスマ力は一気にアップする。

③ 声に変化をつけよう

高低だけではなく、強弱やスピードのコントロールなど声に変化をつけることで、聞き手を飽きさせず、惹きつけることができる。言葉と言葉の間の「間(ま)」も非常に有効な武器になる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT