丸川議員「愚か者」やじ反省に透ける自民党の計算 岸田政権下で冷遇される安倍元首相の秘蔵っ子

拡大
縮小
丸川珠代・元五輪担当相
13年前の「愚か者めが」発言が波紋を広げている丸川珠代元五輪担当相(撮影:尾形文繁)

参院議員の丸川珠代元五輪担当相が、13年前の国会で、当時の民主党政権に浴びせた「愚か者めが」との激烈なやじが、1月31日の衆院予算委員会での質疑で改めて取り上げられ、ネット上でも大炎上する騒ぎとなっている。

同日の質疑で、立憲民主党の長妻昭政調会長が、今国会での焦点の1つの「異次元の少子化対策」の修正ポイントとなる「所得制限なき子ども手当」に絡め、長妻氏が厚生労働相だった民主党政権時代に同じ政策を提起した際、丸川氏が「このくだらん選択をした馬鹿者どもを絶対に許さない」とやじを飛ばしたことを厳しく批判したためだ。

「反省すべきは反省しなければならない」

岸田文雄首相も「ご指摘は謙虚に受け止め、反省すべきは反省しなければならない」と低姿勢で答弁。その後、丸川氏は追いかけるメディアに対し、悔しさを押し隠すように、岸田首相と同じ言い回しで反省の弁を繰り返した。

この「愚か者めが!」騒ぎは、同時進行でテレビ各局のニュースや情報番組で面白おかしく取り上げられ、ネット上でもツイッターのトレンドワードに急浮上。久々に注目の人となった丸川氏は、これまでの高飛車な態度を一変させ、殊勝な対応で、降り注ぐ火の粉を払うのに必死だった。

次ページ「愚か者めが」と書いたTシャツも販売
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT