シャンシャン渡航まで1カ月弱どんな準備をする? 2月に順豊航空の「チャーター便」で中国へ行く

拡大
縮小
検疫初日、防護服姿の飼育係からエサをもらうシャンシャン。2023年1月21日(筆者撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

東京・上野動物園の一室に、白い防護服に身を包んだ飼育係2人が現れた。2人は竹を並べると、奥の扉の向こうへ姿を消した。数秒後、左側の扉から5歳の雌のジャイアントパンダ、シャンシャン(香香)が部屋に入ってきた。

シャンシャンは、竹ではなく、壁に貼り付けられたリンゴへ一目散に向かい、上手につかむと、あっという間にたいらげた。抽選に当たった観覧者も入場してきて、「かわいい~」と嬉しそうに写真を撮っている。

竹を並べる飼育係。この後、左側からシャンシャンが入ってきた。2023年1月21日(筆者撮影)

1月21日から検疫が始まった

この日、2023年1月21日から、シャンシャンの中国渡航に向けた1カ月間の検疫が始まった。飼育係が防護服を着ているのはそのためだ。検疫は室内で行う。検疫初日の様子はどうだったのだろう。

「シャンシャンは落ち着いていて、普段と変わらず過ごしています。基本的には普段と同じ管理を続けますが、検疫ということで、定期的な採血やレントゲン検査などをしています」(上野動物園の大橋直哉教育普及課長)。

次ページ中国のビザ発給停止の影響は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT