北京五輪が閉幕!中国人が感謝する日本人3人 夏の東京五輪とは打って変わって賞賛が相次ぐ

印刷
A
A
20日の閉会式の様子(写真:ロイター/アフロ)

2月20日に北京冬季五輪が全日程を終えた。熱戦の裏では人権問題に対する欧米諸国の開会式の外交ボイコット、ウクライナ代表選手による競技中の「戦争反対」のメッセージ、そしてロシア五輪委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ選手によるドーピング問題などさまざまな混乱が生じた。スーツ規定違反による高梨沙羅選手の失格、フィギュア団体の表彰式延期など、日本もその混乱に巻き込まれることとなった。

一方で中国人の日本への態度は、体操や卓球で日本人選手に誹謗中傷が相次いだ2021年の東京五輪とは一変している(東京夏季五輪の際の、誹謗中傷を巡る背景はこちらから)。試合の日程が進むにつれ感謝と称賛が増えていった。特に北京大会と中国チームを盛り上げた3人の日本人は、「感謝すべきだ」とネット上でたたえられている。

オミクロン株が世界的に流行する中で2月4日に開会した北京冬季五輪は、開幕直前になってもいまいち盛り上がらなかった。チケットの一般販売は土壇場で中止され、現地入りした海外メディアもバブル内での感染対策の厳しさばかりを報じていた。

張り詰めた空気を一変させたのが、日本テレビの辻岡義堂アナウンサーだ。日テレの情報番組でパンダをモチーフとした大会公式マスコットの「ビンドゥンドゥン」グッズを大量に身に着け、「義ドゥンドゥン」との愛称をつけられた動画が中国で5億回以上再生され、行く先々で記念撮影を求められる人気者になった。

ビンドゥンドゥングッズが爆発的に売れ始めると、辻岡アナは人気に火をつけた功労者として国営テレビや共産党機関紙にも取り上げられるようになった。

大会前の空気一変させた義ドゥンドゥン

今では出身中学や家族構成、「湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト」で「海の王子」に選ばれたことなど、辻岡アナの細かすぎる情報も中国のネットニュースにまとめられている。

14日に行われたフィギュア男子の羽生結弦選手の会見で、辻岡アナが質問したときにはSNSが「夢の共演」と沸き立ち、「義ドゥンドゥンが羽生結弦に質問」のハッシュタグがトレンド入り。ネットは「『ビンドゥンドゥンは好きですか』と質問してほしい」「義ドゥンドゥンが仕事しているのを初めて見た」と大賑わいだった。

首から下げたIDカードについているビンドゥンドゥンのピンバッジは最初は6個だったのが、直近では15個前後に増え、本人は「(グッズは)100個近く持っている」と現地で答えている。

ビンドゥンドゥンと義ドゥンドゥンのコンビは、興奮、歓喜、怒り、混乱が渦巻く大会で、「平和」を感じさせる貴重な存在だった。

次ページ最年少金メダリスト育てた埼玉のコーチ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT