中国人が羽生選手を「熱烈応援」その深い心理 五輪を国の威信をかけた場とする考えも根強い

印刷
A
A
8日のSPでの羽生選手(写真:エンリコ/アフロスポーツ)

北京冬季五輪が開幕するまで、フィギュアスケートの羽生結弦選手が中国でこれほど人気だと知っていた人は多くなかっただろう。

10日に男子フリーを控える羽生選手。8日のSPでは8位に沈み、五輪3連覇は厳しい情勢になったが、現地のファンは「ホームだと思って伸び伸び滑ってほしい」「美しさでは世界一」と声援を送っている。

羽生選手が愛される理由はいろいろ紹介されている。最近ファンになった人々は、五輪2連覇という偉業を達成、舞っている姿の美しさやビジュアル、超一流アスリートが中国を理解してくれている、という3点で好きになることが多いようだ。だが古参ファンは、羽生選手を好きになった理由はそれだけではない、と語る。

吉林省の公務員女性(28)は2014年のソチ五輪で、羽生選手を知った。「大学で日本語を勉強していたので、日本人のメダル候補がいるフィギュアをチェックしていた。正直に言うと、年齢の近さや衣装の美しさといった競技以外のことで、羽生選手を好きになった」。

同年11月に上海で行われたGPシリーズで、フリーの直前練習中に中国選手と衝突した羽生選手は、流血したにもかかわらず試合に出場し、何度も転倒しながら最後まで滑り切った。学校の勉強がうまくいかず思い悩んでいた彼女は、羽生選手の諦めない姿に感銘を受け、スランプから脱したという。その後、学内の選考を突破して日本への留学を実現した。

「大学時代に出場した日本語スピーチ大会では、『尊敬する人』というテーマで羽生選手のことを語りました。彼はフィギュアファンの間ではすでに人気者でしたが、(2014年当時は)一般国民には浸透していなかったです。彼の人気が高まるのは嬉しいですが、私から見たら今追っかけている人たちは“にわか”ですね」と彼女は話した。

中国選手との仲睦まじさで親近感

中国での羽生選手人気はすさまじい。ボランティアの防護服にはマジックで「YUZU」と書かれ、開会式では「日本選手団の旗手」ではないだけで、現地メディアが「悲報」と報じた。

「2017年3月の世界選手権の表彰式で、銅メダルの中国人選手の金博洋(ボーヤン・ジン)が手にした国旗が裏返っているのを、羽生選手が気付いて直すのを手伝ってあげた」というエピソードは、ほとんどの中国人が知っている。

同大会で取材を受けていた羽生選手がボーヤン選手に「天天(ボーヤンのニックネーム)加油(頑張れの意味)」と中国語で声をかける場面も、“萌えシーン”として非常に有名だ。

ただ、これらのエピソードはリアルタイムでバズったわけではない。

次ページ神対応が知れ渡った理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT