【産業天気図・スーパー/コンビニ】勝ち組専門店と負け組スーパー。注目は100円コンビニ!

●お天気概況
 スーパー、コンビニとも苦戦が続こう。4月まで既存店ベースでは、スーパーが14カ月、コンビニで9カ月連続の前年割れ。客単価の下落傾向が続く一方、出店競争により売り場面積の拡大が止まっていない。その点では、小売り業界が自らの首を絞める構図も。イトーヨーカ堂、イオンといった総合スーパーは今2005年度、業績回復を見込むが、前期の在庫処分効果やコスト減頼みの面が強い。コンビニ各社も既存店の弱含みを高水準の出店でカバーする構図だ。

●今後の注目点
 年金や増税問題など先行き不安につながる材料が多く、「消費の本格回復は当面見込めない」との見方が大半。その中で小売り各社の業績は2極化の傾向をさらに強めそう。しまむらやニトリといった特徴ある専門店が伸びる一方、スーパー業界は競争激化が続く。コンビニはローソンの100円ショップなど新業態の行方に要注目だ。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT