「緊急避妊薬」日本の扱いが世界から遅れている訳 DVやレイプから女性の体を守るには必要だが…

拡大
縮小
DVやレイプなどから女性の体を守るために必要な緊急避妊薬、日本の現状を紹介します(写真:buritora/PIXTA)

「避妊に失敗したかもしれない……」と、次の月経が来るまで不安にさいなまれ続けたことのある女性は少なくないだろう。そんなとき、望まぬ妊娠を防ぐために使う薬が「緊急避妊薬」だ。

政府は現在、この緊急避妊薬をスイッチOTC化するかどうかを検討している。スイッチOTCとは、医師から処方される医薬品のうち、副作用が少なく安全性が高いものを市販薬(OTCはOver The Counterの意)に変更したものを指す。

日本では現在、緊急避妊薬は医師による診察を受けて、処方箋をもらって入手するしかない。しかし、さまざまな理由による望まぬ妊娠を防ぐには不可欠なものであること、また効果が見込めるのは性交から72時間以内というタイムリミットがあることなどから、以前から薬局でも購入できるようにすべきだという意見が多く、議論されてきた。

緊急避妊薬のあり方について、どう考えたらいいのだろうか。医薬連携による緊急避妊薬のOTC化を目標の1つに掲げる「みんリプ(みんなで知ろうSRHR)」の共同代表で、産婦人科医でもある宋美玄さんに詳しく話を聞いた。なお、SRHRとはセクシャル リプロダクティブヘルス ライツのこと。こちらについては後述する。

望まない妊娠を防ぐ「緊急避妊薬」

緊急避妊薬は、性交後に服用することで妊娠を回避させる経口薬だ。「アフターピル」「モーニングアフターピル」「事後避妊薬」「緊急避妊ピル」などとも呼ばれている。

同じ避妊目的でも日常的に服用する低用量ピルと違って、緊急避妊薬は避妊せずに性交をした場合(腟外射精を含む)――具体的には、コンドームなどの避妊具を使わなかった、使っていても破れたりずれたりした、低用量ピルを飲み忘れた、性被害に遭ったなどで、望まない妊娠を防ぐために使うものだ。

日本で認可されている緊急避妊薬は「ノルレボ」と、ノルレボのジェネリック薬「レボノルゲストレル」の2種類。女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが主な成分で、排卵を抑制することで受精を、子宮内膜の増殖を抑えることで着床を阻止して妊娠を防ぐ。たまに誤解している人もいるが、中絶薬とはまったく異なるものだ。

緊急避妊薬
ノルレボ(写真:日本産婦人科医会提供)
緊急避妊薬
レボノルゲストレル(写真:日本産婦人科医会提供)
次ページ高い確率で妊娠を阻止する
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT