閉店続く「自治体アンテナショップ」実は穴場な訳 ヘビーユースする筆者が伝える「オトクな利用法」

✎ 1〜 ✎ 82 ✎ 83 ✎ 84 ✎ 85
拡大
縮小

自治体アンテナショップが閉店するというニュースが続いている。

予兆は確かにあった。“アンテナショップの聖地”である有楽町・東京交通会館内に構えていた「むらからまちから館」が閉店したのは2022年6月のこと。1995年から日本で唯一の全国物産館として地域特産物を扱ってきた同店は、筆者も愛用の店だっただけに衝撃だった。アンテナショップ事業は、儲けが最優先というより自治体PRの目的が大きく、閉店はないだろうと高をくくってきたからだ。

「ぐんまちゃん家」など数店が閉店

しかし、世の中そう甘くはない。2022年の年末には群馬県アンテナショップ「ぐんまちゃん家」の閉店が大きく報道され、見聞きした人もいるだろう。原因となったのは、やはり「コロナ」である。

東京都内にあるアンテナショップは、2022年度4月1日時点で67店舗。うち独立型店舗が59店あるが、2021年度の62店舗から2店増えたものの5店舗が閉館・休館し、純減となっている。

2008年に36店舗だったのがどんどん増えてピークの2020年には81店になったが、今こうして減少に転じているのは、コロナになって入館者と売り上げが減少したことが大きい。

2022年12月30日で閉店した群馬県アンテナショップの「ぐんまちゃん家」(画像:ぐんまちゃん家公式ツイッターより)
次ページアンテナショップの「オトクな利用法」を紹介
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT