岡山発「バター専門店」月商2000万に達したワケ

ほとんどの商品が「数カ月待ち」なのはなぜか

バター専門店ナショナルデパートの人気商品「フレーバーバターを少しずつ楽しめる『ブール アロマティゼ 』デギュスタシオン」2800円(写真左)はバターの風味と、練り込まれたナッツやドライフルーツの味がダイレクトに感じられる。「THE BUTTER SAND」2700円はバターの濃い風味、甘味をほどよい塩気が引き立てている(撮影:今祥雄)
この記事の画像を見る(9枚)

数年前から密かなささやきとして底流をなしていた「バター」志向。今、はっきりと表面化し、奔流のように新しいブランドが誕生している。

スイーツ全般において素材へのこだわりから始まり、「シングルオリジン」「クラフト○○」といった新たな潮流が生まれてきているのもその傾向を助長しているだろう。

またバターに関しては、「バターそのものを味わう」という体験がだんだん認知されてきている。油脂に関しての考え方が変わってきていることも背景にある。グラスフェッドバターを使用する「バターコーヒー」ダイエットのように、良質な油脂を積極的にとるのはむしろ健康にいい、と捉えられるようになっているのだ。また、しばらく前から始まっているパンブームも、バター人気を後押ししていることは間違いない。

バター専門店を立ち上げた

こうしたブームと関連してかどうか、1つの特異なブランドが頭角を現してきている。岡山市に本社工場を置くナショナルデパート株式会社だ。

2018年11月、食べるバター「ブール アロマティゼ」を発売。バタースイーツ専門ブランド「カノーブル」を立ち上げた。

発酵バターにナッツやドライフルーツを練り込み、そのままスイーツとして食べられるようにしたものだ。もちろん、パンにつけてもよい。ブール アロマティゼとはフランス語で、「フレーバーバター」を意味する。

当初はネットでの販売だったが、人気がじわじわと上がり、やがてデパートでも展開するように。その後同じバターを使ったバターサンドやバターケーキといったスイーツも発売し、一時期は全体の売り上げが月2000万円に届くほどとなった。

代表取締役の秀島康右氏によると、「ちょうどインフルエンサービジネスの最盛期にあたった」ことが、急激に伸びた理由ではという。ただ、SNSを活用したかというとそうでもない。

「当時私は40過ぎ。デジタルには詳しいですが、SNSなんかはまったくわかりませんでした。まずプレスリリースなど、SNSの”外側”で情報発信を始め、ときどき買ってくださったお客様に返信したりしていましたね」(秀島氏)

次ページもともとはウェブデザイナー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT