「勝てない競走馬」はどうなるのか

日本一の調教師・角居師の「もう一つの挑戦」

JRAで言えば、原則3歳の秋までに1勝できなければ、競走馬は、地方競馬など別組織で活躍するなどのわずかな可能性を除くと、乗馬クラブなどに売却されていく。そこまでの流通経路は確実である。だが、日本の乗馬クラブの人口は正会員ベースでは10万人未満といわれる。一見のビジターも30万人ほどで、役割を終えた競走馬の「第2の人生」の職場としては、現状はあまりに小さすぎるのだ。

だが、なんとかしようという志はあっても「ろくに自分のところで勝てる馬もおらず、競馬で実績を挙げないヤツの話なんか、聞いてくれるわけもないから」(同)。

菊花賞を「デルタブルース」で制し、初のクラシックタイトルを手にしたのは2004年。以来、自らの努力と優秀なスタッフにも恵まれ、角居師のホースマンとしての経歴は今や押しも押されぬものになった。その一方で、どんな形で「引退競走馬」転用のプロジェクトを実行に移すのがよいのかを、常に考えてきた。

夢を形に、全国組織「ホースコミュニティ」を立ち上げ

そんな角居師が、あるイベントからヒントを得たのが約9年前だ。障害者が手綱を握って馬を操る姿を見て、「ホースセラピー」という療法があることを肌身で知り、普及に乗り出した。また、2011年からは、地方の競馬場などと組んで、馬に感謝するイベント「サンクスホースデイズ」も毎年実施しはじめた。

こうした試みを続けながら、競馬界やそれ以外の関係者などに賛同者を募り、2013年12月に設立したのが「ホースコミュニティ」(滋賀県栗東市)だ。

「全国的な馬と人のネットワーク構築」の必要性を感じた角居師が、ホースセラピーなどの普及啓発に加え、セラピーホースになるための訓練支援、さらには訓練を行うインストラクターの育成などを主な目的に設立した一般財団法人である。引退競走馬などの「第2の人生」の舞台を用意しながら、「馬を介して多くの人が幸せになるための社会づくり」(同)が目指す方向だ。

障害者向けの乗馬には効果があることが知られている。引退競走馬を、通常の乗用馬や障害者向けの乗用馬に転用できれば、競争馬の「第2の人生」が広がる

それゆえ、事業内容には馬糞堆肥の活用や、馬に関わる就労支援なども含まれる。理事や評議委員には馬を介したセラピーに詳しい局博一東大名誉教授や、「メイショウ」の馬主としても知られ、早くから角居師の活動に賛同してきた松本好雄氏、ジョッキーの福永祐一氏なども名を連ねる。

次ページ「馬と触れ合う社会」の実現へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT