多忙な人が癒やされる傑作「A Short Hike」の正体 タイムパフォーマンスが最高な小旅行ゲーム

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小
「A Short Hike」の画面
手短なのに充実感があるゲーム『A Short Hike』の魅力に迫ります(画像は任天堂公式サイトより)
「テレビゲーム」は子どもがやるものと思われがちですが、書籍や映画ともまた違う独自のシリアスな、あるいはユニークな作品が多数あります。その魅力は奥深く、大人の趣味として楽しめるほどに成熟しているといっても過言ではありません。
そこで、この連載では、ゲームの評論やコラムを10年以上書き続けているゲームライター、いわばゲームを遊ぶプロである渡邉卓也氏が、ゲーマーからは人気でも一般的にはあまり知られていないであろう著名な作品や傑作を紹介します。
第25回は、手短なのに充実感があるゲーム『A Short Hike(ア ショート ハイク)』を取り上げます。

安く短時間で遊べて、評価も高い

テレビゲームの特徴の1つとして、コスパに優れているという部分が挙げられます。ゲームはたいてい数千円で何十時間も遊べる形式になっており、これはほかの娯楽と比べると格段にお得といえるでしょう。

とはいえ、たっぷり遊べることが必ずしもいいとはかぎりません。サブスクリプション(定額課金)の台頭でコンテンツに押しつぶされ、かつ社会生活にも追われている現代人にとって、時間はとても貴重なもの。そんな状況では、短い時間で十分に楽しめるゲームもまた魅力的になってくるのです。

今回紹介する『A Short Hike』は、まさしくそんなゲーム。本作は手短に遊べば1時間程度、じっくり遊んでも3時間ほどで終わる作品になっています。にもかかわらず評価は高く、タイパ(タイム・パフォーマンス)に優れているゲームなのです。

なお、本作は価格が安いのも特徴。遊ぶゲーム機によって少し異なりますが、850円前後とかなり安価で、手が出しやすい作品となっています。

次ページどんなゲームなのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT