たっぷり貯金したいなら、節約はするな

新入社員・20代の若手社員がやるべきこと

いろいろ理由を付けて、会社を辞めようとする新人が後を絶たない。

また、辞めなかったとしても、会社が払う給料に見合った働きをしてもらえなければ、会社にとって、その給料は「払い損」になる。

厳しい言い方だが、これが現実だ。

おカネは使ってこそ効力を発揮する

で、ここからが大事な話。

そんなこんなで、会社としては未知の存在である君たちに対して、勤続20年、30年で会社に多大な貢献をしている人たちと、同等の給料を払うことはできない。民間企業は何をするにしても、常に「費用対効果」が求められるからだ。実際にビジネスの最前線に立つようになれば、君たちもわかることだと思う。

しかし・・・・・・。

だからといって、いきなり節約に励むのも、お勧めできない。
確かに、節約は自分の努力が目に見える形で、自分のお財布の中身に効果をもたらす。

「あっ、今月はお給料が2万円も余った」というようにね。

単純に嬉しいだろう。そして、その2万円を、いくら長く預けても全く利息が付かない預金口座に、いそいそと預けてしまう。

そのおカネは、もはや死んだのも同然だ。

おカネは使ってこそ、初めてその効力を発揮する。

2万円を節約するために失われたチャンスは、節約によって得られた経済効果よりも、恐らく、はるかに大きい。

たとえば・・・社会人になって数カ月後、近況報告がてら学生時代の仲間と集まって、一杯やろうという話で盛り上がったのに、断ってしまった。

「呑み会に行けば5000円はかかるしな。節約、節約」 

実にもったいない。この学生時代の友人は、君が勤めている会社にとって、未来のお客様になる可能性がある。その時の経済効果は、5000円じゃ済まないだろう。

次ページではどうすればいいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT