コロナ治療薬「ゾコーバ」感染症専門医が抱く疑問 緊急承認、事前に200万人分、咳や鼻水が対象…

✎ 1〜 ✎ 255 ✎ 256 ✎ 257 ✎ 258
拡大
縮小
今回、新型コロナ治療薬ゾコーバを「緊急承認」した厚生労働省にも取材。その答えは――(写真:千和 /PIXTA)
11月末、塩野義製薬の新型コロナウイルス感染症治療薬「ゾコーバ(エンシトレルビルフマル酸)」が厚生労働省によって緊急承認された。すでに100万人分を購入しており、最近も100万人分の購入を追加契約したという。
この薬に関しては期待の声もあがる一方、十分な効果が見込めるのか、需要はあるのか、そもそも緊急承認する必要があったのかなどと、疑問視する声も少なくない。そこで神戸大学病院感染症内科・教授の岩田健太郎さんに話を聞いた。

日本国内初の新型コロナの経口治療薬

塩野義製薬が緊急承認制度の適用を申請していた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経口治療薬「ゾコーバ®錠125mg」が11月22日、承認された。

今回の承認は2つの点で「初」ということもあり、注目されている。1つは国内の製薬メーカーが開発した薬が、新型コロナの治療薬として初めて承認された“国産初”という点。そしてもう1点は承認の方法だ。通常の手続きではなく、今年5月に施行された改正薬機法による運用が始まって“初の「緊急承認」の薬”となった。

この承認によって新型コロナの治療薬は10種類に増えた。では、ゾコーバはどのような薬なのだろうか。岩田さんはこう解説する。

「新型コロナの治療は大きく分けると2種類、細胞内で作用してウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス薬と、ウイルスが細胞内に取り込まれないよう外からブロックする中和抗体薬があります。中和抗体薬は変異株の発生により無効化されることが多く、内服できる利点もあり、抗ウイルス薬のほうがよいことが多いです」

ゾコーバは、アメリカ・ファイザー社のパキロビッドパック(ニルマトレルビル・リトナビル)、メルク社のラゲブリオ(モルヌピラビル)などと同じく、抗ウイルス薬に分類される。

新型コロナウイルスが増殖するときに使われる酵素・3CLプロテアーゼを選択的に阻害することで増殖を防ぐ。日本感染症学会のガイドライン(COVID-19に対する薬物治療の考え方 第15版)によると、12歳以上の小児および成人に発症3日以内に投与し始め、1日目は375mg、2〜5日目は125mgを1日1回経口投与する。

次ページパキロビッドとの違い
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT