「iPhoneのメモ」はもはや多機能なノートアプリだ 紙のノートとペン以上に作業の効率化が可能

✎ 1〜 ✎ 123 ✎ 124 ✎ 125 ✎ 126
拡大
縮小
iOS16では、メモにも新機能が加わった。写真はその1つのクイックメモ(筆者撮影)

「メモ」というネーミングもあり、簡易的な機能を想像してしまうiPhoneのメモアプリだが、その実態は多機能なノートアプリに近い。WordやPagesのような文章レイアウトまではできないものの、画像を張り付けたり、表組を挿入したりと、短い文章を書くだけにとどまらない機能を備えている。メモ本来の意味である覚え書きを超えて、あたかもノートを作成するかのような使い方が可能だ。メモアプリはiPhoneの言語を英語にすると「Notes」という名称になるが、搭載されている機能や用途は「Notebook」に近い印象も受ける。

この連載の一覧はこちら

そんなiPhoneのメモアプリが、iOS16でより整理しやすく進化している。新機能として注目したいのが、「クイックメモ」。この機能を使うと、ブラウジングなどをしている際に、素早くメモを残せるようになる。特定の条件に合ったメモを自動でフォルダに分ける「スマートフォルダ」も、設定項目が増え、実用性が増している。また、メモにロックをかける際に、パスワードを選択できるようになった。

こうした機能を使いこなせば、紙のノートとペンで取るメモ以上に作業を効率化することが可能だ。すでにメモアプリを使っていた人も、iOS16にアップデートしたのを機に、改めて使い方を見直してみてもいいだろう。一方で、iOS16ではロック画面の刷新に重きが置かれていたこともあり、アップル自身もあまり大々的にメモの新機能を扱っていない。そこで、今回はメモアプリの新機能を中心に、その中身や使い方のコツを紹介していく。

閲覧中のサイトの情報をサッとメモに残す

閲覧中のサイトで、気になったことをサッと書き留めておきたい。そんなときに便利なのが、クイックメモという新機能だ。その名のとおり、素早くメモを取ることができるのが特徴。呼び出し方も簡単だ。まず、メモを取りたいサイトがあったら、共有メニューを開く。iOS16では、この中に「クイックメモに追加」という項目が追加されている。ここをタップすると、サイトへのリンクが張られたメモが作成される。必要なメモを取ったら、「保存」をタップするといい。

次ページクイックメモを呼び出すボタンを配置
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT