滝沢秀明のツイッター開設がこれほど騒がれる訳 ジャニーズとネット、この5年間を振り返ると…

拡大
縮小

ここまで紹介してきたコンテンツは、どれも成功を収めてきた。しかし、その要因は、うまく時流に乗ったというより、ようやくファンが待ち望んできたものが与えられた、という渇望感にあるのではと思える。

振り返れば、2016年のSMAP解散騒動は、まだ「ネット鎖国」時代だった。スポーツ紙などの報道で知ることが多かったゆえに、生の声(と思われるもの)にリアルタイムで触れられることが求められていたのではないか。

副社長への就任以来、その動向が表にあまり出てこなかった、滝沢さんについてもそうだ。10月いっぱいでジャニーズを離れたと思ったら、11月7日ごろに本人のものとみられるツイッターアカウントが開設。わずか数日で約230万フォロワー(11日昼時点)にまで増えた。

滝沢さんの在任期間である4年弱は、創業者のジャニー喜多川さんが亡くなり、嵐が活動休止し、TOKIOが株式会社となり、V6が解散し……と、ジャニーズにとって激動の時代だった。

その間ずっと裏方に徹してきた滝沢さんの「生の声」に触れたいと思うのは、ファンならずとも理解できる。

そうした渇望感から、またたく間にフォロワーが増加。プロフィール欄がコロコロと更新されているとか、文字を書いた画像を上下反対に投稿したとか、ここ数日のネットニュースはタッキー&ツイッターだらけだ。そして、ファンのみならず、企業ツイッターなども「プロフィール欄いじり」「上下反転画像」に便乗している。

また、アカウントで「いいね」している相手が、山下さん、赤西仁さん、錦戸さん、手越祐也さんと、それぞれ経緯は違えども、すでにジャニーズを退所している面々なところも、フォロワーの想像力をかき立てる要因だ。

世間の渇望感をふくらませるために、わざとタブー視されている話題に触れているのだとしたら、もうアッパレと言うしかない。

ジャニーズ史の中でも、今は大きな変化の最中だ

前述した通り、もともとジャニーズ事務所は長年、インターネットでの情報発信に消極的だった。だが、滝沢さんの副社長就任に前後して変化が生まれ、ファンの渇望感を満たしていった。

しかし、その滝沢さんが退社した。ジャニーズ事務所の歴史を振り返っても、これほどの出来事はなかなかなかったはずだ。さらに状況が大きく変わっていくことが予想されるのは、当然だと言える。

現在は次に何が起こるのか一切予想できない状況だが、ネット戦略などを通じ、ファンの渇望感を満たし続けてきた滝沢さんが、今さら旧態依然とした動きを見せるとは思えない。よりリアルタイムな、生の情報をファンに届けていくのは間違いないだろう。

そしてその結果として、ジャニーズ事務所のネットとの付き合い方もまた、変化していくはずだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT