孤高の努力家・滝沢秀明、涙してしまう「その人生」 「嵐・櫻井翔」に嫉妬され、「Snow Man」に慕われた

拡大
縮小
演出家を務めた「滝沢歌舞伎」でも、多くの後輩たちを指導した(写真:YouTube avex公式チャンネル「滝沢秀明 / 『滝沢歌舞伎2018』“滝沢座長& 滝沢カンパニー”ダイジェスト映像」)
鉛筆も買えず、冬でもタンクトップと半ズボンで暮らした。そんな貧しい少年が、家族を支えるためにアイドルという道を選んだ――。その後、トップアイドルとして時代を築き、そして今度は経営者として、後進を育成。そんな1人の男の“夢物語”が終わりを告げた。

終わったことで気づくことがある。もしかしたら滝沢秀明は、自分の在籍した27年分の“ジャニーズJr.”をまるごと愛し続けた唯一の人間だったのかもしれない。

大きな衝撃だった。

11月1日、滝沢秀明がジャニーズ事務所副社長および、ジャニーズJr.を育成・プロデュースする会社「ジャニーズアイランド」の社長を退任することが発表された。これは同時に、滝沢秀明が27年間所属していたジャニーズ事務所を退所することを意味する。

タレントとして、経営者として、滝沢秀明がジャニーズ事務所に残した功績は何だったのか、その人生を改めて検証してみたい。(文中敬称略)

「滝沢秀明」という奇跡

まず、「滝沢秀明」というジャニーズきっての逸材の軌跡を辿ろう。滝沢のタレントとしての活動は1995年から2018年までの間だが、この期間は大きく前期(1995年~2005年)と、後期(2006年~2018年)の2つに分けられる。

前期の滝沢の最大の功績は、自身のブレイクはもちろんだが、「ジャニーズJr.」という集団の認知度・人気を高めたことにある。

ジャニーズJr.」(以下、「ジュニア」)というのは、CDデビューをする前のデビュー予備軍の総称だ。滝沢以前の1980年代からこの制度は存在したが、あくまでデビューしたタレントのバックダンサーという扱いだった。1990年代に入ると、1997年に『硝子の少年』でCDデビューする「KinKi Kids」のように、デビュー前から大活躍するケースはあったものの、あくまでそれはレアケースであり、ジュニア全体の人気とまではいかなかった。

しかし、1995年に13歳で入所した滝沢は、入所後すぐに『木曜の怪談・怪奇倶楽部』(フジテレビ)といったドラマに出演するなどして、人気が沸騰。14歳の時点で、ジュニアのオーディションにて創業者で2019年に逝去した故・ジャニー喜多川の助手をしたり、面接官を務めたりすることもあったという。

次ページ「タッキーには敵わない」と感じていたメンバー
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT