岐路に立つ「ジャニーズ」滝沢秀明氏退社の大影響 世代交代や新しい路線の開拓を積極的に進めた

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22
拡大
縮小
ジャニーズ事務所
滝沢秀明さんがジャニーズ事務所を退社されました。いったい何が起きているのでしょうか?(写真:yu_photo/PIXTA)

11月1日、ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長の退任、さらにジャニーズ事務所からの退社が発表された。長年活躍した芸能界を引退し、裏方に専念することが発表されてから約4年。突然の発表に驚いたというひとも多いだろう。このことは、ジャニーズの今後にどのような影響を及ぼすのか? ジャニーズの歴史を踏まえて考えてみたい。(文中敬称略)

裏方・滝沢秀明が成し遂げたこと

滝沢秀明という人間を語るうえで欠かせないのは、「ジャニーズJr.」という存在への並々ならぬ思い入れである。

芸能界引退後の滝沢秀明は、ジャニーズ事務所の副社長とともに、子会社である「ジャニーズアイランド」の社長を兼任してきた。今回、大きな意味を持つのは、副社長退任よりも、むしろこちらの社長から退くことだろう。

「ジャニーズアイランド」の主たる業務は人材の発掘と養成、具体的にはジャニーズJr.のプロデュースである。そのなかで滝沢秀明は、ジャニーズにとって必要と考える世代交代や新しい路線の開拓を進めるべく積極的に仕掛けてきた。

例えば、2020年1月のSnow ManとSixTONESの同時メジャーデビューは、そのひとつだ。2組同時デビューというのはジャニーズ初のこととして大きな話題を集め、CDなどのセールス面でも成功を収めた。この2組は、いまや多方面で活躍する人気グループへと成長した。

もうひとつ大きなこととして、つい先日の10月28日に実現したTravis Japanの世界デビュー(参考:『Travis Japan「世界メジャーデビュー」の深い意味』)もある。ジャニーズJr.としてかねがねダンススキルに定評のあった彼らがアメリカ武者修行を決意し、『アメリカズ・ゴット・タレント』出演など向こうでの活動を通してメジャーデビューにこぎつけた背景には、当然滝沢秀明の手腕があったはずだ。

次ページジャニーズ史の大きな転換点、「ジャニーズJr.黄金期」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT