嵐・二宮和也の結婚発表に見えた「配慮」の極み

受け入れられ責められにくいリスクヘッジ

11月13日付のスポーツ新聞各紙も1面トップで取り上げた(東洋経済オンライン編集部撮影)

11月12日夜、日本中に驚きの声があがりました。国民的グループ・嵐の二宮和也さんが一般女性との結婚を発表したのです。

ネット上で記事やSNSのコメントが飛び交ったほか、テレビ画面にも速報テロップが表示されるなど、驚きをもって伝えられたのは、「もし嵐の誰かが結婚するとしても、来年末でグループ活動を休止したあとだろう」と思われていたから。

ファンにしてみれば、「活動休止まであと約1年間、全力で応援しよう」「最後のコンサートを思い切り楽しもう」と思っていたときだけに、「なぜこのタイミングなのか?」という疑問がよぎります。

しかし、その理由や発表の方法を掘り下げていくと、二宮さんとジャニーズ事務所の巧みなリスクヘッジが見えてきました。そのリスクヘッジや情報発信の手法は、ビジネスパーソンにとっても、参考になるものなのです。

存在感、人気、格を見せた直後だった

まず「なぜこのタイミングで発表したのか?」について。

嵐は今月3日で「20周年」を迎えたこと。また、9日に天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典で奉祝曲を歌い、称賛を集めたこと。その直後にジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北の4都市で会見を行うキャンペーン「JET STORM」を行い、11日に帰国したばかりであること。つまり、「国内外のファンに20周年の感謝と、残り約1年間の活動内容を伝えられた」という彼らにとって、ひと区切りのタイミングでした。

「会見で、5つのSNSをスタートし、全シングル65曲を配信するなど、ファンとの距離を一気に縮めた」「新国立競技場でのコンサートも発表し、特別なグループであることを示せた」「天皇陛下の前で堂々と歌い上げて、国民的タレントの存在感を見せた」「アジア各国も熱狂させて、ワールドワイドな人気を証明した」

嵐としての存在感、人気、格を「これでもか」というほど見せたうえでの結婚発表だけに、世間から祝福ムードが出やすい状況だったのです。また、「20周年の感謝」という純粋な気持ちとともにそれらを見せていたことも、批判や不満が出にくい要因と言えるでしょう。

次ページ芸能界だけの話ではなくビジネスシーンも同じ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。