「キンプリ」王道ジャニーズなのに"新しい"理由 『クロサギ』平野紫耀は詐欺師をどう演じる?

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
拡大
縮小
CDデビューから4年余り、King & Princeの現在地を改めて探る(写真:TBS「金曜ドラマ クロサギ」HP

ここ最近、グループとしても、また個人としても、King & Princeの活躍ぶりが目を引く。デビュー時から「王道」のイメージが強い彼らだが、それにとどまらない一面も見えてくるようになった。CDデビューから4年余り、ファン以外にも次第にその個性が浸透してきたのも感じられる。そこで以下では、彼らの現在地を改めて探ってみたいと思う。

ソロ活動の充実、バズった「ichiban」

このところ、King & Princeのメンバーが主演するドラマが相次いでいる。

この10月からは、髙橋海人が『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日系)、平野紫耀が『クロサギ』(TBSテレビ系)と、ともに主演の連ドラが放送されている。『ボーイフレンド降臨!』は髙橋単独ではドラマ初主演、本日初回を迎える『クロサギ』は山下智久主演でも人気だった作品の再ドラマ化ということで、それぞれ話題を集めている。

また永瀬廉が前クールの『新・信長公記〜クラスメイトは戦国武将〜』(読売テレビ、日本テレビ系)で主演、神宮寺勇太も今年4月から放送された『受付のジョー』(日本テレビ系)でドラマ単独初主演を務めた。さらに岸優太も、来年1月から放送予定の『すきすきワンワン!』(日本テレビ系)での連ドラ単独初主演が決定している。

このようにグループのメンバー全員が、これだけ短期間のうちにドラマの主演を務めるケースは珍しい。それだけ、メンバー個々のソロ活動が充実期を迎えているということだろう。

グループとしても特筆すべき出来事があった。「ichiban」の大きな盛り上がりである。

「ichiban」はシングル曲ではない。彼らのアルバム『Made in』(2022年6月発売)のリード曲で、ヒップホップアーティストのKREVAが提供したもの。ダンスの振付は、世界的に活躍するダンサーのRIEHATAである。

このヒップホップナンバーのMV(YouTube Edit)が公開されるとたちまち再生回数が100万回を突破、10日後には600万回を超え、現在は2100万回超に達している(2022年10月20日現在)。

次ページ29日間で総再生回数6億回を突破したTikTok
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT