岐路に立つ「ジャニーズ」滝沢秀明氏退社の大影響 世代交代や新しい路線の開拓を積極的に進めた

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22
拡大
縮小

こうして、滝沢秀明がジャニーズJr.と深くかかわるようになったことを理解するには、ジャニーズの歴史を改めて見ておく必要がある。1962年から始まるジャニーズ事務所の歴史には、大きく3つの転換点があったように思う。

最初は、1980年代の「たのきんトリオ」の活躍。

1970年代後半、停滞期にあったジャニーズ事務所を救ったと言えるのが、田原俊彦、近藤真彦、野村義男の「たのきんトリオ」だった。三者三様の個性を活かしつつ、歌手、俳優、またバラエティ番組などで活躍するスタイルは、現在のジャニーズアイドルの原点にもなった。

2つ目の転換点は「SMAP」

次は、1990年代のSMAPである。

彼らは、ジャニーズとテレビの関係をきわめて密接なものにした。音楽番組やドラマだけでなく、バラエティやキャスターの分野にも進出するなど、ジャニーズの活躍の幅を格段に広げた。とりわけ『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、1996年放送開始)に象徴されるように、本格的なバラエティの世界での成功は、後に続くジャニーズに大きな影響を及ぼした。

そして最後は、1990年代後半から2000年代前半にかけての「ジャニーズJr.黄金期」である。ジャニーズJr.の人気が沸騰し、ドームコンサートを開催したり、自分たちの冠番組を持ったりするようになった。その中心にいたリーダー的存在が、「タッキー」と呼ばれた滝沢秀明であった。

まだメジャーデビュー前の存在がこれほどの人気を博したことは、ジャニーズ史上空前と言っても過言ではなかった。しかもそれは特定の個人やグループに限られたわけではなく、「ジャニーズJr.」という集団全体の人気だったことも特筆すべきことだった。

このブームをきっかけに、「ジャニーズJr.」、ひいては「ジャニーズ」という集団や仕組みがどのようなものかが、ファン以外にも広く知られるようになった。このときのジャニーズJr.から嵐や関ジャニ∞といった後のジャニーズを牽引するグループが誕生したことも大きかったが、それだけでなく個々のグループの枠を超えて「ジャニーズ」がある種の文化として私たちに身近なものになった。

ジャニーズJr.の実力を磨き、層を厚くすることでジャニーズ全体の底上げを図ろうという近年の滝沢秀明の方針は、このときの自らの経験を土台にしたものだろう。端的に言えば、もう一度「ジャニーズJr.黄金期」を実現することが、ひとつの理想としてあったに違いない。

次ページ滝沢秀明はジャニー喜多川の忠実な継承者
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT