"完璧なアイドル"キンプリが抱えた「生きづらさ」 岸、平野、神宮寺が「生きるために」選んだ道

拡大
縮小
キンプリのメンバー
一番手前から時計回りに、キンプリメンバーの高橋海人、平野紫耀、永瀬廉、岸優太、神宮寺勇太(写真:King & Prince公式Instagramアカウント @kingandprince_j より)
そのデビューは鮮烈だった。
グループ名は「King & Prince」。『シンデレラガール』という“ザ・王道”なアイドルソングを引っ提げ、純白の衣装に身を包み、まばゆいばかりのキラキラオーラを放った6人。その姿は、歌よし、ダンスよし、ビジュアルよしの“完璧なアイドル”に見えた。ジャニーズから遠ざかっていた大人たちも、この若きグループに心を奪われた。
しかし、“完璧なアイドル”は、裏側ではそれぞれが苦悩を抱えていたのだ。
(以下、文中敬称略)

唐突な話ではなかった

11月4日深夜、「King & Prince」(以下、キンプリ)の岸優太平野紫耀神宮寺勇太の3名が2023年にグループからの脱退、そしてジャニーズ事務所から退所することが発表された。2018年のデビューから5年の節目を迎えて、3人が去る――。

平野は退所の理由を、「自分の年齢と向き合ったときに海外で活躍できるグループを目指すのは、もう遅いなと感じ、目標を失った」と、説明。「もう遅い」「目標を失った」――世間が抱いていた“キラキラのアイドル”のイメージからはほど遠い発言が重なったようにも聞こえた。

しかし、彼らのこれまでの発言や行動を振り返ると、このコメントは突飛なものではないことがわかる。むしろ、彼らのこれまでの延長線上にあるコメントだ。

仕事に責任感をもって取り組み、繊細さもあわせ持ちながら、さまざまな感情を抱えてきた彼ら。“完璧なアイドル”のイメージとは裏腹に、「生きづらさ」を感じていたのだ。

今回、3人の脱退・退所の大きな理由となっているのが、キンプリとしての海外進出に対するメンバー間の温度差だ。3人は海外進出への意欲が強かったと言われているが、そもそもグループのデビュー時から、海外進出という希望はあった。

次ページなぜ25歳の平野が「もう遅い」と言ったのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT