ワイン価格2倍に上げた醸造所が見た驚きの結果 イノベーションを促す企業がしていること

拡大
縮小
「正解のないイノベーション」を生み出すのに必要なフィールド実験とは何か(写真:alexshyripa/PIXTA)
「イノベーションをいかに生み出すか」が、多くの日本企業が悩み続けるようになているが、日本企業は「正解のないイノベーション」が苦手だと、日米のビジネススクールで教鞭をとる牧兼充氏は指摘する。同氏の著書『科学的思考トレーニング 意思決定力が飛躍的にアップする25問』から、科学的実験によって「正解のないイノベーション」を生み出し、急成長した企業の事例を紹介する。

日本企業が苦手な「正解のないイノベーション」

イノベーションには、「正解のあるイノベーション」と「正解のないイノベーション」が存在します。

前者は、技術開発などにおいて、「性能を向上させれば確実にニーズがありそうだ」といったことが見えているもので、後者は、実際にやってみるまでそもそもニーズがあるのかさえまったく予測がつかないものを指します。

アメリカのシリコンバレーは、「正解のあるイノベーション」だけではなく、「正解のないイノベーション」も起こし続けることによって発展してきました。一方、日本企業は、「正解のあるイノベーション」は得意ですが、「正解のないイノベーション」は苦手です。

これが、シリコンバレーの企業と日本企業の競争力の差を生んでいます。今の日本企業により求められているのは「正解のないイノベーション」であることは、言うまでもありません。

「正解のないイノベーション」を生み出す組織は、「失敗」を前提として行動します。

しかし現状として、日本企業の多くはイノベーションを生み出すことを苦手としています。「成功」を前提として行動し、失敗から学習することができずにいることが大きな理由の1つです。

次ページ失敗マネジメントが組織文化として根付いている企業
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT