歌舞伎町「巨大エンタメ施設」その全貌と深い思惑 訪日客と国内観光客を囲い込めるかがカギに

拡大
縮小
歌舞伎町に巨大エンタメ施設が誕生する(写真:筆者撮影)

時代によって変遷を遂げながら、日本随一の歓楽街として長きにわたり人々を惹きつけてきた東京・新宿の歌舞伎町。そんな歌舞伎町に巨大エンタメ施設が登場する。

2023年4月、幅広いエンタメジャンルの大型施設を集約する、超高層タワー「東急歌舞伎町タワー」が誕生する。地上48階・地下5階建てで、店舗のほか、劇場や映画館、ホテルなどの施設が入る。

東急歌舞伎町タワーは地域と連動する「エンタメ発信地」を目指している。シネシティ広場に面しているタワーエントランスに大型ビジョンを常設し、特設ステージも設けることで、広場と一体となったセレモニーや祭りなどの地域密着屋外イベントを開催することができる。

シネシティ広場レッドカーペットのイメージ図(写真:東急レクリエーション提供)

広場をメインにした歌舞伎町とエンターテインメントのつながりが強化されることで、つねにエンタメ好きな人々が集うにぎわいのある街になっていく。東急歌舞伎町タワーは、そんな街全体の活性化が期待されている。

地域と一体となり、開発を進める

東急歌舞伎町タワーの開発には、かねて地域商店街組合や団体、自治体などと連携してきた東急レクリエーションが携わっている。

東急レクリエーションは、以前にも東京・世田谷区の二子玉川で「エンターテインメントな街づくり」の実績を作っている。子ども向けの国際映画祭「キネコ国際映画祭」は、「二子玉川の街が映画館になる」をテーマに同社が中心となって映画祭をサポート。世田谷区を巻き込むことで、同区を代表する一大イベントに成長させてきた。

子どものための映画祭
「29th キネコ国際映画祭」は二子玉川駅周辺で2022年11月2日(水)~6日(日)に開催予定(写真:東急レクリエーション提供)

二子玉川や、ほかのさまざまな地域で積み重ねてきた、地域ぐるみの街づくりを、歌舞伎町でも実現させようとしているのだ。

次ページ地域の要望を取り入れる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT