風俗で18年働く「早稲田卒」41歳母の深い苦悩

息子の学費捻出のため、休みは1日もない

鶯谷(東京・台東区)の”巨乳専門風俗店”でナンバーワンだという田中美幸さん(編集部撮影)
この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、「早稲田大学を出ていますが、私は40代の職歴なしのアラフォー。この先の人生がとても不安です。風俗じゃない仕事をしたい気持ちもありますが、精神病なので無理です」「21歳で産んだ息子がいるので、彼の学費も稼がないといけない」と編集部にメールをくれた、41歳の風俗嬢だ。

華やかな学歴と現実のギャップ

「よく死にたくなります。かなり深刻な希死念慮がいつまでも抜けない。もう、ずっとそんな感じ。夜が危ない。仕事終わって1人でいるとき、死のうって考えますね。お客さんといるときは、演じているので“無”でいられるけど」

この連載の一覧はこちら

東京都台東区、JR鶯谷駅近くのファミレス。田中美幸さん(仮名、41歳)は、ひっきりなしにタバコを吸いながら深刻な状態を語る。語りながら大きなカバンを漁り、使い込まれているお薬手帳を取りだした。彼女の本名が刻まれ、複数の抗精神薬や睡眠薬が処方されていた。加えて精神薬の副作用を抑えるための薬がある。重なりに重なったカスケード状態だ。危険な精神状態であることは、薬名の羅列ですぐにわかった。

学位記を見せてもらったが、彼女は早稲田大学を卒業している。出身高校は全国的に有名な超進学校で、受験戦争を勝ち抜いた成功体験と、高学歴というプライドがある。しかし、彼女は専業の熟女風俗嬢だ。風俗嬢になって18年間が経ってしまった。華やかな学歴と現実のギャップも、精神状態の悪化に拍車をかけている理由の1つに見えた。

「死にたいみたいなことが、いちばんひどかったのは30代。私、なにしているの……って悩みすぎて、混乱して、逃げたくて何度もオーバードーズした。もう、薬じゃ死ねないことはわかっている。だから首を吊るとかしないと、死ぬことはできないってわかっています。40歳を超えて結局風俗嬢のままで、腹をくくって今は風俗で耐えるしかないと覚悟しているけど、年齢を重ねるごとに不安は大きくなるばかり」

家庭の事情も複雑なようだった。大学在学中に結婚、同じ男性と結婚離婚を繰り返したバツ3で、今春大学1年生になった息子がいる。息子は遠く離れた地方の実家で父親が面倒をみていて、学費はすべて彼女が支払っている。父親と息子は、彼女が精神疾患に苦しむことや、ずっと前から風俗嬢であることを知らない。

外見は、普通の中年女性だ。スーパーマーケットとかパチンコ店にいるような「普通のおばさん」である。カラダを売っても簡単には稼げない外見であり、年齢だ。鶯谷に多い、本番を売る違法店に所属し、巨乳と淫乱痴女、さらに最後までの生サービスを売りにしてなんとか集客し、東京で1人暮らしをしながら実家で生活する息子に学費を送っている。

次ページ午前中から翌日朝方まで「自宅待機」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。